<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

No.17 放心

こんにちは、りょうです。
あなたは自分の人生で一二を争うほど大切なものを失ったとき、
どこまで落ち込むでしょうか。

僕は、自分が一番大切にしていたものを失いました。
仕事もプライベートもまったく手につきません。

失ってはじめて気がつく。
そんな言葉の意味をしみじみ思います。

「ああ、そういう意味だったんだ」

って。

しばらく、内容のないブログになったら、読んでくださっている方、ごめんなさい。
ちょっと放心します。

d0057589_1626677.jpg

by 123455677 | 2005-06-30 16:26 | ひすとりー

No.16 馬鹿騒ぎ

仲間は大切だなぁと、りょうです。

7年来の仲間達と箱根へ温泉旅行に行ってきました。
3年前から「温泉へ行こう!」といい続けてきたことがここへきて実ったのです。

われわれはもう20代後半で皆各々違う場所に仕事を持って頑張っている。
それは関東限定ではあるのだけど、朝霞・神栖・経堂・品川・横浜・小田原・・・と皆ばらばら。

月一の定例会を3年間続けこれたこともうれしいが、
こうやってそのコミュニティーのイベントが発展していくのは本当にうれしいもの。
十数人の仲間のうち忙しい合間を縫って6名が温泉旅行に参加。
この数字は仲間内の中で驚異ですらあったと思う。

その20台の後半の現地でのノリというのが、また『馬鹿騒ぎ』
家系総本山 ラーメンの吉村屋で馬鹿騒ぎ
車中で何度も 馬鹿騒ぎ
途中のコンビニで 馬鹿騒ぎ
旅館について 馬鹿騒ぎ
仲間と合流して 馬鹿騒ぎ
露天風呂で 馬鹿騒ぎ
懐石料理で 馬鹿騒ぎ
女中の髪型で 馬鹿騒ぎ
も一度お風呂で 馬鹿騒ぎ
思い出話で 馬鹿騒ぎ
水を掛け合い 馬鹿騒ぎ
アルバム持ち寄り 馬鹿騒ぎ
ほかの仲間に電話して 馬鹿騒ぎ
芸能ネタで 馬鹿騒ぎ

就寝・・・

起きて・・・

朝風呂浴びて 馬鹿騒ぎ
仮面ライダーで 馬鹿騒ぎ
車中でもいちど 馬鹿騒ぎ
大涌谷で 馬鹿騒ぎ
記念写真で 馬鹿騒ぎ
温泉卵で 馬鹿騒ぎ
芦ノ湖ついて 馬鹿騒ぎ
スワンボートで 馬鹿騒ぎ
近くの蕎麦屋で 馬鹿騒ぎ
スワン屋さんと 馬鹿騒ぎ
「ういろう屋」さんで 馬鹿騒ぎ
最後の車中で 疲れて寝たが・・・
何度もトイレでコンビニよって
なぜか、シリトリで 馬鹿騒ぎ
何度も何度も 馬鹿騒ぎ

そんなしつこいけど20代後半の温泉旅行
まさにこんな楽しみ方を求めてたので大大大満足である。

 
by 123455677 | 2005-06-27 11:20 | 仲間。

No.15 標榜

日本、ガチンコブラジル相手に2-2!
これをどう見るか。

暑苦しいほど日本代表が好きなりょう・・・
あっこんばんは、りょうです。

好きだから、強くなってほしいから、
ちゃんと成長しているか気になるわけで・・・


ブラジル戦はどれだけ評価できるのか考えてみた。
ロナウドもカフーもロベカルもエメルソンもジーダもいないブラジル。
でも上へ行くために真剣なブラジル。
でも若手を試しちゃったり、メキシコに負けちゃったりするブラジル。

そんなブラジルと対戦する日本代表は、ある意味キレていたように見える
代表を挑発する中田英寿に対してだ。

「俺達は世界でだって通用するんだ!」

ジーコ含めて代表のメンバーがそう主張しているように見えた。
敵は世界ナンバーワンブラジルではなく、一人一人が己の限界に
挑戦しているように感じられた。

そして、ある程度の成果を挙げた。
そして、どうしようもないほどブラジルが強いことも知った。
そしてそんな相手を苦しめられることも知った。

だから今こう思う。
断固「戦う意味・勝つ理由が必要」なのだ。

僕らは何を標榜に来年ドイツを見つめるのだろうか・・・
by 123455677 | 2005-06-25 02:33 | 蹴球

No.14 一見の価値

こんばんは、りょうです。
僕の世代ではないのですが、
何度も再放送を見た「ファーストガンダム」
最近「ちょっと見てみたいな」と思って、
徳間書店の漫画を買い始めた。

即座にのめりこんで、ほぼ読みきってしまった。
確かに、ガンダムを見てしまうと、
それ以後のロボット漫画がどうも薄っぺら組みえてしまう・・・
あんなにハマったエヴァンゲリオンすら何か薄く感じてしまう。
それほどガンダムというのは完成度が高い。
なんかスターウォーズより凄そうだね。

どんな男性でも一見の価値がある作品なんだと思ったよ、いまさらだけど。
by 123455677 | 2005-06-22 23:12 | スクリーン

No.13 日本代表酷評

深夜にこんばんは、りょうです。
日本サッカー、コンフェデ一勝・・・ほっとしました。
僕は日本代表が大好きなので、酷評もします。

今の日本は世界できっちり勝ちきる力がまだぜんぜん足りない。

有識者に言わせれば「当たり前だろ」ということを是非声高に叫びたいです。
みていてイライラがとまらないんです。
ここまで、真剣に試合を見入ったのも久しぶりでした。
感じさせる何かは充分にあった、しかし肝心なところでぼろを出す。
まずなによりも

点が取れないんです。

日本は世界相手に、
決定的チャンスを作れる力を身につけつつあります
これは凄いこと。すばらしいこと。
この日の日本の黄金の中盤は、パフォーマンスが低すぎる欧州王者相手に
守備をズタズタに切り裂いて、主導権を握っていました。
※相手のパフォーマンスが低すぎるというのがポイント

しかしその先がない。

その先が遠いんです。
世界基準で勝ち進むにはそこの力が必要であり、
少なくとも70分そこらまでの日本はその力を持ち合わせていなかったと思います。

フィニッシュ直前に顔を出した者は多く
玉田、柳沢、加地、小笠原らはキーパーとの一対一を幾度となく作ったが、
そのすべてをしくじっていきます。

俺は思うんです。
ジーコには玉田を代えて欲しかったと。
玉田は長所を如何なく発揮していた。
スピード、彼は持ち味をだして何度となく中盤からのキラーパスで抜け出し、
ゴールを脅かした。

しかし、ゴールは奪えないわけですよ。

よく凄いFWを怪物と呼びますが
彼は「お化け屋敷の怪物」だった。
相手をいっぱい驚かすけど、命を奪うまでの力はないから怖くないのです。

FWの仕事はゴールを決めること。
その仕事をことごとくしくじった彼に必要なのは交代であって欲しいんです。

それを見た他のFWが
「ああ、決定的な場面ではゴールを決めないと絶対だめなんだな」と思うきっかけになってくれると思うからです。


そこへまたしても、ゴールハンターが後半ピッチに送り出されます。
俺の師匠と下の名前の読み方が一緒の

大黒選手です!!

彼が出てくるだけで、胸が高鳴ります。
それは彼がいつもゴールを意識しているからなんです。
ゴールを狙うからなんです。
もう、体から、ゴールの匂いがプンプンする。
FWはこうでなくっちゃ。
匂い立つ男。まさにセクシー。

今日も勝負どころできっちり結果を出してくれました。
前半が前半だっただけに、テレビの前で久しぶりにこぶしを突き上げて、
何度も何度も喜びに叫びました。
本当にこんな思いは久しぶりでした。

ここで冷静に戻ります。
次戦はブラジル相手です。

南米相手ではこうはいきません。
「こう」とは主導権を握るということです。


南米は特に「ウマく」「ずるがしこく」
真のポゼッションサッカーで日本にほとんどチャンスらしいチャンスをつくらせず、
逆に攻撃に関してのブラジルは
数少ないチャンスであっても、きっちり結果を出してくるでしょう。
いや,対日本戦ではそのチャンスも多いハズ。

だからこそ、日本が数少ないチャンスで、きっちり決めなくてはいけないんです!
次戦は僕はそこしか見ません。

期するのはそこだけなんです。

今日日本は、ギリシアを破りました。
腐ってもギリシアは欧州王者。
欧州王者を倒したことには変わらないんです。


いい部分はきっちり自信に変え、
しっかりと足りない部分を修正し、是非次の試合ではサプライズを期待しています。

ジーコが
相手の疲れたところに大黒投入という考えが変わらないのであれば、
投入までは死ぬ気で無失点を守り通すことです!


頑張れ、日本!
by 123455677 | 2005-06-20 04:00 | 蹴球

No.12 成長するのは楽しいね。

こんにちは。りょうです。
昨日フットサルをしました。

僕から、サッカーを取ると・・・
というレベルでボールをけるのが好きなので
きのうはしあわせいっぱい・・・のはずでした。

しかし、
自分のチームを離れ、強豪の相手チームに入ってプレイすることになってわかりました。

難しい・・・

気がついたことを箇条書きで

・もちろん練習がすごい大事
・言い合うことが大事(コミュニケーション)
・とりあえず、基本のポジショニングに戻ることがすごい大事。
・中央を空けてはだめ
・相手の取りやすいタイミングまでパスを出さないほうがいいときが多い(遅攻)

そして
やはりもっとも大切なことは

ボールをとめる技術とボールをける技術

自分らしさをまったく見せることが出来なかったこの日、
その代わりいっぱいのことを勉強することが出来た。
現在27歳だが、いっぱい成長できたことを実感できるのは楽しいね。
by 123455677 | 2005-06-19 17:17 | ふっと去る

No.11 炎のストライカー

こんばんは、りょうです。
仲間とフットサルしました。
フットサルはいまや僕にとって大切な生きがいの一つ。

背中に『9』なんて背負っちゃってるので、
機を見ては突破してどんどんシュートを狙います。
今回は4試合で1点しか取れませんでしたが、
積極的に振り向いたらシュートを徹底しました。

決定的なシュートを一本はずしたのにくいが残ります。
僕の師匠は以前話したとおり、炎のストライカー
自分もサックスブルーのユニフォームで9をまとえば、
もう、気持ちはとどまるところを知りません。

代表、ヤングジャパン共に芳しい成績を収めてはいませんが、
しっかりと世界を肌に焼き付けて大舞台で大成功を収めてほしいと思います。
僕も僕なりの大舞台でガンガン点を取りたいです。

d0057589_0383061.jpg
by 123455677 | 2005-06-18 00:39 | 中山雅史

No.10 ブログってむずかしい・・・

OBANNDES りょうです。

今強く感じていることを・・・

「ブログってむずかしいなぁ・・・」

特にジャンルを指定したわけでもないし、
仕事として運用しているわけでもない。
私生活でイベントがあっても些細なことが多いのも事実だし
「みんなに書いて、見てもらい事でもないなぁ・・・」
と考えスランプ。

出来たらミスチルのように、苦悩も紆余曲折も
ありのままにここに吐き出して、継続できたらなんておもったわけです。

今日はこいつのように廊下で考えます。↓

d0057589_0384137.jpg

by 123455677 | 2005-06-13 12:51 | Mr.CHILDREN

No.9 祝!ワールドカップ出場決定! 今後への期待

日本、W杯出場権獲得しましたね!

想像できないほどのプレッシャーの中で、目的を果たしてくれた
代表の方々に、心から感謝と祝辞を言いたいです。

ありがとー!!そしておめでとー!!

そして、だからこそ、ヒデと同じことを言いたいです。
「これは最初の通過点。ここからが本当の戦いの始まり」
であってほしいと。

日本代表には今後も限りない可能性が詰まっていると思います。
しかし、このままでは本戦では勝てないとも思います。
代表にはもっともっと成長してほしいんです。

僕の師匠もこういっています。

「Dカップ?Eカップ?ノンノン・・・
 Wカップだよ!!そりゃあすごいよ・・・」


                            ↓師匠
d0057589_0392636.jpg



日本サッカーはJリーグ発足からのここ約10年間で劇的なまでの成長を遂げてきました。
(幕末といい、戦後といい、バブルといい、劇的がよく似合う国ですな)

しかし、その間比較的放置されてきた問題もあるはずなのです!

僕は、ドーハの悲劇以前からのサッカーファンです。
だからそのころから今までの日本代表の変遷を見てきました
でもって
その都度語られるのが

「FWの決定力不足」


です。
しかし、「そもそも論」でかんがえるならば、これは正確ではないと思います。
真の問題点は、

そこまでのプロセスをチームとして作れていないこと
チームとして、ゴールをとる準備が出来ていないこと

だと思います。
そしてそのプロセスの問題点(元凶)こそが、

「トラップの精度不足」

だと思うのです。

①インターセプト後のマイボール率の低さ
②ボールの受け手の処理の手惑いとその後の展開の稚拙さ
③ダイレクトプレーの浸透されてなさ


これらは、トラップの精度不足と密に関係していると思います。
これでは速攻も遅攻も効果的に出来ないし、
相手に時間もさらにはボールまでもを渡してしまうので、
ゴールが遠ざかるのは自明の理です。

では、どうすればよいのか。
提案したいことが2つあります。

①エースをサイドで起用する。
②トラップ時の約束事を作る


の2点です。

①のメリットは、
正確なトラップとゴールへの起点となれることです
サイドはプレッシャーもゆるく、ゴールへの選択肢も多い
正確な技術を如何なく発揮して、トラップした後、
縦に突破してクロスをあげるもよし、中にドリブルで切れ込むもよし、
長短織り交ぜたパスで空間を切り裂くもよし、ミドルシュートやループシュートで
リズムを変えるもよし。
サイドは見方ひとつでやりたい放題になるはずなのです!
3年前のトルシエ監督の俊輔の使い方がこれに近かったのです。すごく好きでした。
※なのに本戦につれてかねぇでやんの・・・
※この考え方は、ヨハン・クライフと近い。
※なお、一昨年バルサが日本遠征にきた時の対鹿島戦で、
 ロナウジーニョがサイドでやりたい放題だった・・・


②のメリットは、
ゴールへの道筋が鮮明になることです
たとえば、浮きだまをインターセプトするにせよ、浮き球のパスの受け手であるにせよ、
その処理を右斜め45に落とすことにしておく。
そうすれば、受け手は処理に集中することが出来、近くの仲間はそのパスを受け取ることに
専念すればいい。その後はFWにあて、サイドに展開し、センターリング
こう作っておけば、ゴールへの道筋が見えてくる。

「おいおい、そううまくいくわけねーだろ!」

そう思った方がいたとして・・・・・・ごもっとも。

しかし約束事がチームに浸透していれば、ゴールへの道筋はかなり鮮明になるし、
それを練習で繰り返し、コミュニケーションを密に重ねれば、
確実にゴール数は増えるはずです。


やっぱり
日本代表には世界で大暴れしてほしいじゃないですか!!


その辺のところを
コンフェデと東アジア選手権でこっそり期待したりしています。
by 123455677 | 2005-06-10 03:09 | 蹴球

No.8 機械オンチなんです。

ちょっとひさしぶりです、りょうです。

コンスタントに自宅に帰ってこられないもので・・・
でもって帰ってきて、テレビをつけて、まずとりあえず
たまったHDHリストを見るんです。

大枚を叩いて買った
でーぶいてーれこーだー
のことです。

よくCMで見かけませんか?
「キーワード録画」

たとえば、俺なら
「サッカー、ミスチル、映画、お笑い」

などと入れておけば、
それに関わる番組は自動的に録画してくれるのです。

しかし、
それをコンスタントに
チェックしていないと、
どんどん容赦なく溜まる・・・

もう正直いっぱいいっぱいなんです、
私もディスクも。

今私のレコーダーは
すでにいっぱいいっぱいで

何も録画してくれません。

機械の癖に拒否りやがる

人もある程度マシーンに追いつかなきゃだめなのですね。
by 123455677 | 2005-06-06 09:47 | パソコン検定7級