<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

No.55 コトノハ

この国には人を傷つける人を諌めるに適した言葉がない,
これは大問題である。

おこがましいかもしれないが,各界の著名人を集めて言葉を作る番組を作ってみてはどうだろうか、TVプロデューサーの皆さんこれ万が一見ていたらつくってやってくださいな。

などと思った。
結構真剣だ。

思ったときにそれを表現するに適した言葉が見つからないというのは
一種の不幸だと思う。


「キレやすい子供というのは大抵、その思いを表現する言葉を知らないから
暴れる」のだという。
思いを言葉に出来るから人は暴れずにすむのだ。
表現するに適したものを知らないから人々は暴れるし、シャウトする。
きっと自分にぴったり合った表現方法を知っていれば人は普段、
見違えるように、穏やかに暮らしているのかもしれないね。


逆もある。
言葉がないからよかったということだ。

ある国には、「肩こり」という言葉がないという。
その国には、肩こりは存在しないのだそうだ。

逆に言えばこうなるかもしれない。

ある人が、ひどく肩のつらさを感じた。
「よし、このつらさを『こる』と命名しよう。」
「お前いい言葉思いついたな、俺もなんか言われてみれば、
 肩の辺りがこると思っていたんだ。そうだ、俺達は『肩が凝ってるんだ』。」

全然いい言葉なんかじゃない!!
「肩こり」という言葉が、肩こりを一般化させたということになるかもしれない。

「言葉は意味を持ってはじめて、力を生み出す」

典型的なカタチである。言霊なんて言葉もあるくらいだ。



自分の思いを自分らしく表現できることの大切さを訴えたかった。


原点に戻ろう。
僕らには、「人を傷つける人を諌める言葉が必要だ。」
誰か一般化してくれ。
作ってくれ。

ちなみに自分的には・・・「慎め」とか考えてみました。
cf
A「お前(B)、顔キモいよ」
C「慎めや。(お前のその発言のほうが全然キモいし、痛いよの意)」


P.S.
僕は「空気を読む」コトに異常に(←ここポイント)固執する人が嫌いです。
特に、こんなタイプの人が、「空気読めよ」って言っているときの顔が駄目・・・

この子達も、一人一人つつしみが足りないようです。
d0057589_1231595.jpg

by 123455677 | 2005-10-31 01:24 | しそぉー

No.54 ありのまま

ありのままを見てくれ

,と言って人を想う努力もせず「いいことがちっとも起こらない」と嘆くのは
「1+1が2ではない!2以外だ!」というくらいあまのじゃくだよね。

きっと誰もがそんなこと気付いてる…
だけど仲間がいて,酒があれば瞬発的な思いがポンポン口に出る。

でもそれは自己満足どころか
(話の中に出てくる)大切な相手を間接的に傷つけてしまうことすらあるんだよね。
いくら口が硬い人でも目が…
目が口ほどに真実を物語る時もあるからね。

それでもあくまでも
それを信念と呼ぶなら断固たる決意が必要だし,
最後には実るから最後まで信じぬけ!といいたい!!

……誰に?

自分自身に…

いやいやありのままの自分なんてこだわりはないよ。

こだわるとすればありのままの自分達。

ありのままの孫悟空とありのままのウーロンです。
d0057589_0544390.jpg

by 123455677 | 2005-10-25 00:56 | しそぉー

No.53 「危機感」

今日は短く。

いろいろ試しても成長したと感じないで
長い間きた気がする。
何をやるにしても
コンスタントなコントロールや継続が大切だよね。
それがうまくいかない。

そんなときに必要なのは

「危機感」

なのではないかと強く感じた、少なくとも私に関しては。

危機感は時として、人もウサギも強くする。
d0057589_5233738.jpg
by 123455677 | 2005-10-24 05:25 | しそぉー

No.52 「ノリ」で生きてきた?

連続投稿

ふとおもったのだ・・・。
またね。


「自分はノリで生きてきたのではないか」
と。

仲間に電話した。
「なぁ、俺はノリで生きてきたのかなぁ?」

「今頃気付いたのか?」

(ToT)


結論は「No!」だ。

俺には夢も目標もある。
もちろんだからこそ、そこに向かう、信じる「信念」を持ち、
それは未だに折れることなく、貫かれ続けている。

ただし!
俺は一挙手一投足の【計算】が足りていないのも事実。
それは要するに
「ノリでやってきた」ことにならなくもない。

その仲間に聞いた。
「ノリ以外で生きるってどういうこと?」

「計算」

わかりやすい答えだった。
確かに響きはちょっとコずるいが、
必要なことだ。

まず、自分がやりたいこと、将来の姿などをイメージする。
そしたら、それを成し遂げる為、一歩でも近づく為に、
一挙手一投足をその方向へ向かわせる努力が日々必要だろう。
彼はそれを「計算」と呼ぶのだ。

だとすれば俺にはそれが足りていないし、
だから、風見鶏のようにそのときの気分に合わせて、
物事を決めるものを「ノリ」と片付けられても反論は出来ない。

もっと自分のために頭を使う必要がある。
そしてその方向のためにもっともっと体を使う必要がある。
そんなことを知った一日だった。

そしてそれは昨日の話し・・・

典型的悪ノリ・・・
d0057589_293457.jpg
by 123455677 | 2005-10-22 02:11 | ひすとりー

No.51 その光景の意味するもの・・・

時々ふと思い出す懐かしい光景というのがある。
突然、何の脈絡もないときにふとである。

でもそういう風景が鳴らす、良きにせよ悪しきにせよ警鐘。

これは今後の自分の人生に大切なイメージ図であると思う。
「たいせつにしなければならないんだよ、こういうの!」
といわれているような感覚。

これはきっと見過ごしてはいけないのだろうと思う。

皆さんは人生の最大目標は何ですか。
とか聞かれて即答できるだろうか。

僕は出来ない。
迷う。
いくつかリストはある。

でもきっと本能にはやりたいことがちゃんとプリントしてあって、
時々、
「私自身のやりたいことはこれですよ。」

って見せてくれている気がする。

その光景は過去に通じていたり、似ていたりするわけだけど
過去の経験によって・・・言い方を変えると
進んできた道が将来の道につながるわけだから、
その光景は僕らが将来的に望む光景なのだ。

それらはたいてい、僕らが将来に望む光景なのだ。
だから、時々こういうチャンスを見逃さずきっちり
イメージを固めておいた方がいい気がする。
そしてそれを何度も何度も鮮明になるまで思い描いたとき
それは確実といっていいくらいに現実のものとして叶う。

路頭に迷ったとき、頭が手助けしてくれるこの光景を
最大限生かして、人生に迷わないようにしたいなぁ。

何度もイメージしているうちに、こんなメッセージが出たら・・・いやだ・・・
d0057589_1254947.jpg

by 123455677 | 2005-10-22 01:24 | しそぉー

No.50 ウォームビズ

クールビズが終わったら次にはウォームビズがやってきた。

ネクタイ業界が路頭に迷ったこの新しい慣習からどれだけの京都議定書ヘの貢献は成し得たのか,大変興味の湧き所だが他のアパレル業界に関して言えば概ね活況だったと聞いた。

ままっそれは置いておいてこれら施策で最ももたらされた大きな変化が「自由という名の責任」の発生だろうとおもう。

いままではいくつかの無難なスーツにあわせたシャツとタイで済んでいた一般社会人は新しい選択と責任を迫られている。一重にウォームビズといってもそのうちすぐフォーマルのレベル等求められることはしばらくは増え続けるだろう。

結論。歓迎である,どこんちくしょう!

朱に交われば赤くなる,右向け右国民の我々にはいい薬だ,判断力を広げて自立,自律をより大きいものとするよいチャンスだ。

平和ボケとよく言われた、戦争体験したジーちゃんに。現代は型にハマっておけば危機感は要らなかったからだろ。

でも今からでも遅くない、自分で考えて行動しよう。
よーしいいかんじだ。

これは考えて行動しているというより、考えものだ・・・
d0057589_0533521.jpg
by 123455677 | 2005-10-20 00:56 | つれづれ

No.49 カウンター一閃!!

私は、甘かった。

前回のブログで、
「マネーゲームの勝利者達へ、自分達が行った行動を、
 死が迫った病床でどう感じるかちょっと考えてみて欲しい」
といったことを書いた。

がしかし・・・

日本テレビのバンキシャという番組に登場した、
楽天の三木谷社長は自らの口でこういっていた。

「自分が死ぬ1秒前に、自分のやったことがみんなに認められ、やってくれてよかった
やってよかったと思えるのだとすれば、それが一番大切なことなんじゃないかな」と
(こんなよーなことを)

僕の考えと一致するわけではないが、
「死の間際での想い」の重要性という部分で同様の見解を持っていた。

僕は「幸せ」をもとめ、
彼は「使命感にも似た何か」をもとめているのか・・・
それは彼にとっての「しあわせ」なのかもしれない・・・

日本生命はこういっていたことがある
「花の命は結構長い」

JRはこういっていた
「大人は結構長いから」

だからこそ、僕らはそれらと向き合って、
自分の生き方を探し、定め、進み、幸せを得るべきなのではと。
こう思うのだ。

なんか逆にTV越しに三木谷社長に肩を叩かれてしまったような気さえした。
とりあえず自分の道を頑張ってみようと思う。

あなた自身を「買い物カゴ」にいれますか?
d0057589_18432580.jpg
by 123455677 | 2005-10-16 18:44 | しそぉー

No.48 天への道

楽天がTBSの筆頭株主になったという。
スゴイ金を持っているものだ。

こんな金の使い方をするマネーゲームの勝者たちに一市民のワカゾーから伝えたいことがある。


1、最低限の責任はちゃんと取って欲しい,と。
2、死が迫った病床で自分が何を感じるかちょっと考えてみて欲しい、と。


社会に対して影響力のある会社を(誤解を恐れず言えば)買収するならば,筆頭株主として社の方向性をそれぞれの社を信頼する顧客に合わせた形で示し,発揮させていかねばならないだろう。

法律上企業は株主のものだが,社会に対して影響力のデカい企業ほど実質「顧客(ファン)」のものなのではないだろうか。
球団はファンの為に,劇団はファンの為に,企業もファン(顧客)のために,あるべきではないだろうか。

マネーゲームの勝者たちよ,あなたたちが金で買ったものはプライスレスの莫大な「信頼に対する責任」を含んでいるはずだ。

情報を自分達に有益に操作したい気持ちもちとわかる。
自分の人生の指針に合わせて、勝ち続けたいと思う気持ちもよーくわかる。
だが責任を怠ると最後に足をすくわれるのはきっとあなたたち自身になっちゃうよ。

自分の最大のファンから足をすくわれた者より



でもって、
死が迫った病床で自分が何を感じるかちょっと考えてみて欲しい

「人は死ぬ準備として生きる。」という考え方があるらしい。

俺はいろんな人がどんなことを感じながら晩年を過ごしたのかと考えたりする。

仲間に囲まれて、幸せだったとおもう者
一気に駆け抜けた人生だった、一体なんだったのだろうとおもう者
悔しい、死になくない、遣り残したことがいっぱいあるとおもう者
悲惨だ・・・とおもう者                                いろいろだろう。

青春時代に好き勝手放題やることもよし、
周りの多くを敵にまわそうと信念を貫くもよし、
ただ、自分がそうして歩んできた人生を幸せだと感じられるかどうか・・・

はきっと奇麗事抜きに大きいと思う。
「はぁ?幸せ?いみわかんねぇよ」
と思う人もいるだろう。
でも多くの死が迫った人々にとって、心が死んでいない限り到達するゴールには
「幸せか否か」というゴールテープが待っていると思うのだ。
そして、じぶんは幸せであった、と素直に胸を張ってテープをきりたい。

そのためには、人と人との心の通いあいが不可欠だとおもう。
僕らは幸いに無人島に漂流しているわけではない、
その硬くて重いかもしれない自分の部屋の扉を開ければ、
多くの人が生きている。

傷ついても、誰にも知られず、嗚咽し、涙を流そうと
この世界にはみんながいてくれる。

金がすべてじゃない!

「ほとんどのものは金で買える」
という風に言う方がいたとして、きっと彼らの知る世界ではそれが正解であり、
彼らはとても狭くて暗い世界しか知らない心の貧しい人間であるかもしれない。

そんなことをいいつつ僕は、多くの金持ちこそ
「金では買えないものが絶対的に存在していること」
を痛感しているとすら思う。

楽天よ、三木谷さんよ、死の床を迎えたら、笑顔で
楽しく天に召されよ。
俺は自分を含めてみんなにそれを望む。d0057589_23372977.jpg
by 123455677 | 2005-10-14 23:36 | しそぉー

No.47 夢のかけらが降ってきた

夢を持てば、叶う日がくる。
だから人は夢を見るのではないだろうか。

俺にもたくさんの夢がある。
その夢の中でもでかなり強い想いの夢が
おもいがけぬ所から降ってきた・・・

まだ、「かけら」だけだから具体的なことはいえないのだが・・・
その夢はまだ実現までは厳しい道のりだが・・・
降ってきたものをチャンスと捕らえ、それに向かって必死に努力してみたい!
その夢に向けて動き出してみようと思う。

逃してたまるか!
d0057589_2248970.jpg
by 123455677 | 2005-10-12 22:50 | 演劇

No.46 全部「大好き!」でいこう!

最近は、素直に「大好きだ!」と思えるものにこだわるようにしている。

たとえばファッション、今日かなり自分の中で揃った。
髪型、今かなり自分の中でしっくりきて、気に入っている。
シャツは、袖口リバーシブルの比較的シンプルなシャツだが、かなり気に入っている。
ジャケットは、ユニクロだが、馬鹿に出来ない、合わせやすいお気に入りのアイテムだ。
パンツは、少し太めさと疲れ具合は気になるが、柄はかなり気に入っている。
靴に合わせた、バックルは見えないアクサとして良質だし、
腕時計はこれ以上をなかなか見つけられないというくらい気に入っている。
靴にしたって、3万以上もかけて買ったものだ。
ずっと、携帯の待ち受けにして良質なものに出会うために時間を費やしてやっと手に入れた。

特に手荷物を持たず、最後のアイテム「皮製の鞄」を手に入れる為に池袋に向かったが
なかった。
そうそう、すべてお気に入りが揃うわけではないよね。
でもまぁ、カーペッドにすだれ、観葉植物に前から欲しかった筆入れに出会い
手に入れられたことはとてもうれしかった。

でもまぁ、今回、これだけ自分の思い入れのあるものに囲まれて、いるのは
大変自分にいい刺激をくれるものなのだということを再認識させられた。
鏡に映る自分は、眠くて眠くて仕方ないはずなのに、
いつもより遥かにりりしく映っている。

要するにいい意味で服に着られている(支配されている)ようなのだ。

「本物を身にまとうと、本物に近づく」という言葉があるが、
全身を自分のベストチョイスで固めることの価値を今日本当の意味で知った気がする。

睡眠時間をほとんど削り、でもがむしゃらになって、自分を成長させようと
いろいろ無理をする。わるかぁないね。
・・・でも本当は不安、大丈夫か?
d0057589_0122213.jpg
by 123455677 | 2005-10-12 00:13 | しそぉー