<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

No.121 負けん気

電車の中で、誰にともなく大きな声で

「こっちむけや、ゴルァ」

といって、イの一番にメンチを切ってくる奴が
最も負けん気の強い奴でしょう。

こんばんは、りょうです。

負けん気の強い奴は大体見ていればわかります。
表相上どんなに柔和にしていようが顔に書いてあるのですから
仕方ありません。

まんまじゃねぇーか。
d0057589_1554955.jpg

by 123455677 | 2006-01-31 01:57 | しそぉー

No.120 数学の難問

誰か下の問いの答えを教えてください。


1+1=2を不可能とするための以下の式は成立するか。

(1÷3)×3+1=1.99999999999999999999999999999999999(以下省略)


僕は文系なのでこれが成立するのか否かを知りたいのです。
自分で考えてみたもののまったく答えが出ない・・・
僕はこの疑問を持った小学校4年生の頃、
いろんな人にこの答えを聞いて回りましたが
誰一人として自信を持って正解を答えてくれた人はいませんでした。

誰か、なにかの間違いでこのブログを見た方でも結構です数学が得意な方。
是非、この式が成立するのかしないのか教えてください、お願いします。

名裁き、期待しております。
d0057589_044552.jpg

by 123455677 | 2006-01-30 23:31 | つれづれ

No.119 いっぱい一杯

共に芝居をする仲間達(そのほとんどが後輩)
と和らいだコミュニケーションが出来るときがちょっぴり幸せだ。

僕という人間は決してコミュニケーションが得意な方ではない。
何を言ってよいかわからず相手を困らせてしまうこともたびたびある。

肩の力を抜けよ。
息苦しいんだよ。
相手のこと考えろよ。

みんなに言われる。
言われるとやっぱりいろいろくるけど、
弱点だし、出来るだけ治したい、言ってくれる人がいるだけありがたい気がするし。

芝居がヘタクソだからプライドも何もかも飛んでいって
裸になって、みんなと接するから、
結構自然だ。

ちょっぴりへなへなにもなるけど、肩の力抜けてるし、
息はモワーッとしているし、そもそも迷惑かけてるってのがあるから
自分勝手さみたいなのは自然と減る。

みんなが気さくに話しかけてくれて、
それに自然と乗っかってみんなではなしが出来ると
ちょっぴり幸せな気分になる。

楽しそうに話してくれればいい。
俺はそれを聞いて一緒に楽しくなれるから。
最近やっとかな、そう思えるようになってきた。

元々縦社会ばかりを経験してきたが、
根付かなかった。

今共に芝居をする仲間と、
コミュニケーションの重要性を私生活、仕事、舞台上すべてに感じる俺にとって
みんなのその楽しそうな表情にはいっぱいすくわれる。

よしまた頑張ろうと思える仲間に乾杯。

d0057589_2342857.jpg

by 123455677 | 2006-01-29 23:42 | 感謝!

No.118 仕事

全国の漫画好きの皆さん、おはようございます。
漫画約1000冊を保有するりょうです。(まだまだ素人ですが・・・)

とはいってみたものの、最近はほとんど読んでいません、
いろんな方からいろんな漫画を紹介されますがまともに読めないんです。

なぜなら
とにかく、読むのが遅い。

読み始めると,コマの隅から隅まで気になってしまう。
その多くを焼き付けてはじめてその漫画の世界観に浸れる。
大体単行本一冊読むのにひどいときは1時間以上かけてしまいます。
これだから、

「はいこの漫画面白いよ、読んでみて!」
と軽々5冊くらい渡されると、クラッときたりします。
面白いんですけどね。

最近面白かったのが、

「働きマン」

d0057589_7584425.jpg


という漫画。
安野モヨコさんの書く
仕事に情熱のほとんどをささげる女性の話。

かなり考えさせられます。

「仕事しかない人生だった、そんな風に思って死ぬのはゴメンですね」

という新人の男性に対して

「私は仕事をしたなー、と思って死にたい。」

と返す主人公、松方弘子(28) 職業 編集者 元巨乳。
(注、プロフィールは原作どおりに説明しています。)

その裏を、そのすべてを知りたいなぁと思わせる作品です。

以前、何の為に生きる?
といった内容のブログを書きましたが、
「仕事」と即答しそうな主人公の今後に期待です。

生き方いろいろですよね
最後に決めるのは自分、まっ素直に。
d0057589_841171.jpg

by 123455677 | 2006-01-29 08:04 | しそぉー

No.117 温泉

皆さーン、温泉は好きですかぁ!

僕は温泉が大好きです。
それも仲間と行く温泉が好きです。
前言った話書きましたっけ。
とにかくこう・・・枕投げとか出来たら・・・感無量です。(ガキ)

仲間と集まって、おいしい料理をつまみ、
気持ちいい風呂に入り、思い出話を魚に酒を飲み、
バカな話、バカなことをして過ごす20代後半の休日

こんなものにかけがえのないものを感じずに入られません。


もう学生ではなくなって随分と時間が過ぎ、
漠然と将来を考えたとき、
ちょっとでもくすんだ先が見えてしまったとしたら、

僕らはまた初心を取り戻す為にも
みんなで温泉に行きたい。

この間温泉にいった
仲間達は関東圏内ですが
結構離れ離れ。

だから温泉一つで
相当のスケジュール調整が必要。
めんどくさくもなるけれど、
あの時間がたまらないのでまた頑張ってみようと思います。

皆さんも仲間と息抜きに温泉いってみてくださいね、いいもんですよ。

こうなんていうか、芯からあったまんだよなぁ・・・
d0057589_15431832.jpg

by 123455677 | 2006-01-28 15:43 | 仲間。

No.116 お母さんとお父さん

友達のおなかの中で新しい命が
すくすく育っているそうです。

こんにちはりょうです。
今、僕の知り合いに2人の身重がいます。

凄いですよね、体の中のもう一つの命。
凄い分だけ大変だと聞きます。

だるさ、痛み、次々と襲いかかってくるんでしょうか。

でもきっと、
生まれる子供のことを思うと頑張れちゃうんでしょうね、
母は強しですよね。


そんな時、お父さんになる人の存在ってのもとても重要なんでしょうね。
ちゃんとそばにいて、温かく見守ってあげられるだけの強さ。
励まし、見守り、気遣い、手助け出来る暖かさ。

痛みに弱いのかもしれない男性に出来る事
きっとそういうのも大切なんでしょうね。

そうやってパパもママもまた一つ大人になっていくんですよね。
頑張れママパパ!!
そして丈夫なお子さんを。

こんなに生まなくてもよいですけどね。
d0057589_14353399.jpg

by 123455677 | 2006-01-27 14:11 | 仲間。

No.115 戦力外

4~5年ぶりかな。
自分の手元に、自分の吐く台詞のかかれた
台本が届いた。
正直震えた。


あえて書いておきたい。

武者震いではない。

恐怖だ。



読みあわせをするという。
要は与えられた台詞を声に出してみんなで読んで雰囲気をつかむのだ。

頭が真っ白になった。
周りの人々がみんな凄い人たちに見える。
実際いっぱい凄かったりするのだが。
ちょっとした駄目だし(演出家が役者に指摘するミスの修正的発言)
が他の役者に出され、それをさらっと修正する仲間達が、凄く思えて、
逆に、自分には何も出来る自信がなくて、それでもって実際駄目出されて、
頭真っ白になった上に、演出家の意図どおりの修正が出来なかった!!!!!

くやしい・・・ではない。

真っ白。


休憩になった瞬間ひざから崩れ落ちた。

やばい。
戦力外だ・・・

なんか今になってはじめて自分の置かれているポジションがつかめてきた。

かなりやばい。

練習だ。練習だ。練習あるのみだ。

役者の皆様。心のそこから思います。
あなた達は凄いです。

それにひきかえ・・・
d0057589_0332842.jpg

by 123455677 | 2006-01-26 00:33 | 演劇

No.114 右腕達

時々耳にする言葉で、

「私の右腕」とか
「ナンバー2」とか
あるじゃないですか。

仕事上のかけがえのない補佐官。

僕の働く仕事場にも数人います。そんな人たちが。

曲がりなりにも僕は30人は部下のいる職場のBOSSをしている。

30人も部下を抱えていると、
もちろん30人分の不満がある。
一人一個なんて虫のいい話はない。

BOSSなんて、嫌われるのが仕事だったりもしますよね。

かといって仕事に対するモチベーションをマックスに近い形に維持する為に
BOSSはいろいろ試行錯誤せねばならない。

一人一人に重要なポストを与え、
褒めること注意することを大切にする。
集団としての結果を出すことも重要だ。
常に新しい刺激を入れながら、昔から守られたものも踏襲する。
笑いは原動力であり、思いやりを忘れると即崩壊する。

もう何度も何度もピンチに陥りながら、
それでも優秀な補佐官達が俺を助け続けてくれた。
補佐官・・・じゃ失礼かもしれない。
俺にとっては大切な仲間だ。

そんな僕らは
今ある分野に挑戦し、No.1を目指してる。(90ブロック中)
簡単なことではない。
去年死に物狂いでやって、やっとNo.2だった。
今年は敵も揃いに揃っている。

BOSSの腕が試されている。
だからこそ行き着くところは仲間となる。
d0057589_1463066.jpg

by 123455677 | 2006-01-25 01:47 | 感謝!

No.113 足場

大山のぶ代ってどんな声だったっけな?
時すでに遅し・・・?いやいやまだ大丈夫。


いつの日か
旧ドラえもんもホリエもんも
その声を聞くことは珍しくなるだろう。

なんだってできる。
株は四次元ポケットだと思ったりもした。
MアンドAという名のマネーゲームで
持ち前の頭のよさで誰も思いつかぬ勝利の方程式を仕立て上げ、
詐称という隠し味を加えれば、巨額の富の完成だ。

しかしそれは砂上の楼閣。
詐称(胡椒)を少々振り過ぎた?
信用のない企業は売られ方も早く、再生の道は俄然霧の中だ。

このくらいなら、素人にだって明白だ。
それくらいホリエもんは地に足が着いていなかったのだと思う。
裸の王様だ。


ふと思う。

「自分で完全にコントロール出来てるな」
、と思えたのは自転車までだった。

原付に乗せてもらい、
二輪を感じ、
自動車を操縦して悟った。

あっ完全に俺の力じゃねぇ。

いつの日か人は自分の力ではどうしようもない世界に足を踏み入れる。
そのときこそ初心が大切であり
だからこそ
殊の外の成功は危険。罠だらけだ。
全部自分の力だ!とかたかをくくったとたん、周りが見えなくなって、
事故を引き起こす。

そして、
たいていの人は自分が事故を引き起こしていることにすら気がつかずに、
長い時間を過ごしてしまう。

時すでに遅し・・・というときまで。

ドラえもんは声優こそ総入れ替えしたものの初心に帰って、
「のびたと恐竜」
の道を歩みだした。

雪のしんしんと積もるを眺めるしかないヒルズとは遠い独房のふちで
ホリエもんはどこまで自分を見つめ、遡ることが出来るだろう。

僕らだって同じだ、こんな忙しい世の中を好き好んで渡りながら
どれだけ自分を見つめ、遡ることが出来るだろう。

今僕達は、足場を見つめなおすことを求められているんだとおもう。
時すでに遅し・・・となる前に。

鏡に映った自分を疑え!
d0057589_22451895.jpg

by 123455677 | 2006-01-24 23:25 | しそぉー

No.112 報告

わーん!ドラえもーん!
ジャイアンにいじめられたよー

また?ノビ太くん。

こらーノビ太ぁ隠れてないででぇてこーい!

仕方ないなぁ、よーしこーなったら…
あれでもないこれでもない
あれでもないこれでもない
あったぁ。
とぅるるるっるるー!

鉄バットぉ!

これをジャイアンの後頭部めがけておもいっきり…

あん!?あん!?あん!?
とっても病み付きどらえーもん!



(ここから劇画風)


横たわって微動だにしないジャイアン。

たけしさん?!

かけよってくるしずか。

のび太さんの馬鹿ぁ!
どうして!ねぇどうして!!

しずか…男にはな、やらなくちゃならねーときってのがあるんだ。

(ドラえもん、黙ってのび太の肩に手を置こうとするが届かない。)

遠くから近付くサイレンの音。
腕にはまる手錠。そのうえから布。

ちょっと丸まった背中で二人に振り返るとのびたは小さく微笑んでいった。

ちょっくらいってくらぁ

飛び出すドラえもん。
それを制するように加える。

おっと!ドアやポッケはご法度だぜ。こっからさきはてめぇのおとしまえだ。

それから…スネ夫!

なんと先程から一部始終を電柱の陰から内股で小便ちびったスネ夫のすがたが。
しずかにアイコンタクトするのびた。

しずかは横たわるジャイアンの右手に握られたラジコンを彼に手渡した。

ちゃんと大切に・・・するんだぜ。

去り行く
のびた・・・


そこへ
突然飛び出してくるヒロミ郷とHG。
手を包んでいた布を空高く放り上げるのび太。

三人は激しい腰つきでゴールドフィンガーを踊りだす・・・!!!

あーちぃーち、あーちぃ、もえてるんだぁろーかぁ




という夢を見ました。




というわけでもう一度・・・

d0057589_05474.jpg

by 123455677 | 2006-01-23 23:42 | 変なの!