<   2007年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

No.515 ぽりふぇのーるくん

僕は過去のことをすぐ忘れてしまう
良くも悪くもそんなテキトーさを持っています。

さっき食べた御飯のおかずをも忘れてしまいます。
時々病気じゃねーのかとも言われます。

でもって、
大好きだったコーヒーをやめてからどれくらい経つのか・・・

なんてもちろん覚えているはずもありません。

少なくとも2ヶ月は経ったかな。と

はじめてコーヒーを飲んだのは多分小学生。
苦くて吐き出した記憶だけ残っています。

ハマッたのは高校生。
一時限あたま一本のジョージアを飲んでいました。
以来ヘビードリンカー(?)

辞めたのは去年。
だから計算すると13年のコーヒーライフにピリオドを打ったことになります。

そして、今僕がはまっているのがココア。

ポリフェノールとお友達になりました。

でも
ココアの場合一日2杯飲もうと思えません。

そこまでの常用性がないのでしょうか。

なんにせよ。
コーヒーを飲む理由の一つに、
「眠さ防御」を挙げていた僕にとって、
ココアはまさにうってつけ。

しばらくは離せない存在となることでしょう。
特にVANHOUTEN

d0057589_20112488.jpg

by 123455677 | 2007-02-28 20:11 | ひすとりー

No.514 フマリスク

やってはいけない事。
マスクをつけてフリスクを舐めてはいけない。

目がスースーして痛い。

特にメガネをかけていたら雲って悲劇。
by 123455677 | 2007-02-27 17:57 | 変なの!

No.513   ホコリと場所

ガラガラの田舎のバスの一番後ろの奥の席。

高校の修学旅行のバスの一番後ろの奥の席。

サッカー日本代表のバスの一番後ろの奥の席。

そこに座る気分はどうだろう?

虚しいか、誇らしいか。

あなたの誇らしい場所はどこですか。

それがいつものあなたのポジションであるならそれは幸せなことですよね。

そうできるか、はてまた虚しさを感じるか、
または誇らしげな場所を探してつくるかは
自分の努力次第ですよね。

だからまずオフィスや自分の部屋を掃除してみるかなんて思ったりもします。
ホコリがあるだけにね。
by 123455677 | 2007-02-26 22:03 | しそぉー

No.512   くちゃくちゃで赤面

僕は食事で誰かが『くちゃくちゃ』音を立てて食べるを聞くのが苦手だ。
その音を聞くと滅入ってしまう。

その音を聞くと食欲が失せてしまうので、
それならと大きめな音でテレビをつけたり、音楽を聞きながら食べたりする。

しかし先日、友人から『僕自身がその音を立てているよ』との指摘があって
顔が真っ赤になった。

『やられたら嫌なことはやるまい』と心掛けていたつもりだったが、
所詮『つもり』でしかないことに気付かされた。

『くちゃくちゃ』音を立てずに食べる事がいかに難しいかを今更ながらに理解した。

『食べる』って行為も一苦労なんだね…
by 123455677 | 2007-02-25 22:00 | drink&foods

No.511   カッコいい奴

映画『どろろ』をみた。

個人的には凄くよかった。柴崎コウさんはイキイキと跳びはね、
妻夫木聡くんはサイコーにかっこよかった。

この映画は僕にとって久しぶりに『絶対みたい』映画だった。

手塚治虫が好きで
Mr.Childrenが好きで
妻夫木聡くんが好きだからだ。

特に見たかった理由は主演妻夫木くんの最高の笑顔にある。
僕は彼の笑顔が大好きだ。


テレビCMの映画予告編で彼が見せたラストシーンの笑顔に僕は魅了されていたからだ。


さかのぼる事何年前だ?

僕は映画『ウォーターボーイズ』で初めて彼の演技を見て以来、彼のファンになった。

多分学生時代は相当モテて性格もひねくれたかもしれない。

だから『木更津キャッツアイ』の最終回で出て来た時の彼のキャラが
『素』(モテモテのすげぇやな奴役)なんじゃねーか、と思ったりもした。

しかし
様々な役を華麗にこなし、
年々演技力が向上し、オーラが増す彼を見ていて、
『ああ、昔俺がなりたかった役者像の理想に近いなぁ』なんて思ってしまった。
彼は『どろろ』の中での演技が『あまりにも綺麗でカッコよすぎてミスキャストだ』
という声が聞こえた。
確かにそうかも…
とは思った。

でも同時に彼でなければこの映画はこれだけの興行成績は出せなかっただろうとも思った。

それだけ妻夫木くんはヒーローとしてカッコよかった。

男の笑顔に救われた。

別にホモじゃない。

キモいかもしれないがなんか気持ちが引き締まった。
見る人をこんな気持ちにさせられるからヒーローなんだろう。

カッコいいことは
すげぇ事だな。
なんかそんなことを思った。
by 123455677 | 2007-02-24 22:00 | 演劇

No.510 脱力

d0057589_9565533.jpg

危険な人物をフィルター腰に発見したので晒しておきます。(他の誰でもありません)

最近演じたのは、悪の手先、ぱっとしないサラリーマ、正義の味方…いろいろです。

昔は
『演技は奥深いもの、どこまでも探求して掘り下げてゆくものだ』
と本を読みあさり、ノートを作って、台本をぐちゃぐちゃに汚していました。

しかし今は違う。
素直にありのままやるのみ。

随分と肩の力が抜けたものです。
by 123455677 | 2007-02-23 09:56 | 演劇

No.509 my way

『愛しさと切なさと心強さと』

一昔前、そんな歌がありましたね。

篠原涼子さんの歌。

僕は彼女の肩書が
イマイチよくわからなかったりします。

今、彼女は
女性からとても支持されているんですよね。

僕もある種大変尊敬しています。
彼女はとんでもなく凄い女性なんじゃないかな
、と常に思っているんです。

それは彼女の今までの芸能活動から読み取れます。
そこに様々なヒントが隠されているように思うのです。

まず
アイドル時代の彼女は、
その時代ゴールデン
(当時の午後7~8時のテレビ番組)
の多くを支配していたお笑い界を主戦上にする事となりました。

そこで出会えたのが、
革命児として現れたダウンタウン。

笑いをみっちり叩きこまれたようです。

次に
エイベックスと共に小室哲哉さんが音楽界の頂点に君臨すると
彼女は文頭の歌で歌手として存在していました。

しかし
僕的にはどちらでも大成するようには感じられなかったし、
自分でもそう思ったのではないでしょうか。

時代は
『素人』や『女性』を強烈なまでにフューチャーしはじめ、
MCとして才能を開花させていた
トップアイドルSMAPのリーダー中居正広さんとともに
バラエティーを通じて芸能界に潜り込んでゆきます。

そのさなかにもドラマに出続け、
ついに彼女は完全に主役となれる場所を発見するのです。

女優。

彼女は性格俳優市村正親さんと結婚し、
シェイクスピア作品をも華麗に演じる彼からな演技術を吸収し、様々なドラマで主演を張る事で20代30代女性のカリスマとして君臨しています。

演技をかじっていた者からの視点で見ても、彼女の演技力には目を見張るものがあると思います。


常に、
『時代に愛された各界の大物』とともに過ごし、スキルを高め、ポリバレント(多様)な能力を手にした彼女。

牛若丸(源義経)が如く各界をぴょんぴょんと身軽に飛び越えてゆく彼女の人生は、ドラマ『派遣の品格』の主役に似ているかもしれませんね。

だからこそ
僕は彼女はまだまだ女優の先もあるように思えてなりません。

ドラマの中で
『それでは時間ですので失礼いたします』
※派遣社員として働く主役(篠原涼子)は定時になると席を立ち周囲の皆さんにこう一言。
って言うのですが、『女優』という職に対してもそういいかねないのかな…と。
篠原涼子さんは一体この先どうなってしまうのでしょうか。

とても楽しみです。
by 123455677 | 2007-02-22 09:40 | 演劇

No.508満員電車攻略法【応用編】

本日は満員電車攻略法の第二回。
応用編
【秘技、スロットイン】についてです。

基礎編で述べた事は継続すれば満員電車の乗車のつらさが軽減されると思います。

その上で応用編は体が決して大きくない僕が満員電車で生き残る為に必死で編み出した秘技。

『スロットイン』

なんの事はありません、力の流れる向きにゆっくりと体を回転させながら乗り込む、ポジションをキープする。それだけです。

でもこれはかなりオススメですよ。

『テコの原理』ってあるじゃないですか。力の入れ所、抜き所を選べば、対した力を要せずして、大きな力を発揮できる。

『スロットイン』もこれに似ているかもしれません。力の流れる方向に体を回転させると、力が逃げ、周囲の人を含めて負荷があまりかからなくなるのです。コツさえ掴めばかなりの負荷を軽減出来るでしょう。

ここで一つポイント。
あくまでもゆっくり自然に回転する事です。

でないとただただ自分勝手に動き回るウザキャラとしか見られません。

この回転は本来、車内の多くの人にとってもありがたいもの。

多くの人が自分の体勢を維持するために力を入れる事で発生するガチガチのパワーバランスを自らが回転する事で力を逃がし、余計な摩擦を減らし周囲と自分の間にほんの小さなゆとりをつくる、これが本来の目的なのです。

まぁ、井の頭(戦)や埼京(戦)はその回転すら止めにかかる勢いで人がなだれ込んできますが…、
やはり、力は入れる所は入れ、抜く所は抜き、流す所は流したほうが車内の多くの人にとっても有り難いのではないかと思います。

きっと役立つと思います、実践してみてくださいね。
by 123455677 | 2007-02-21 19:59 | 満員電車

No.507満員電車攻略法【基礎編】

今日は皆さんに僕が子供の頃、
培った満員電車をうまく乗りこなす方法を伝えたいとおもいます。

満員電車が苦手な皆さん必見ですよ!!
これをマスターするだけで随分満員電車の辛さを軽減出来ると思います。

まずは基礎編。

【旨く乗車する方法】
◎よいポジションを取るために列の最後に列んで力を抜いてゆっくり乗り込む

人によってはまずこの段階から「無理っ!」って思ってしまうでしょう。
無理もありませんね。
すでに満員電車のドア付近の人の幾人かは電車からはみ出していたりして、
しかも周囲の乗客から
「乗れるもんなら乗ってみろ」「この状態で乗ってくる気?」
といった挑発的なオーラを感じたりしますよね。
もはやそびえ立つ人間山脈です。

この山に分け入るために、僕は力技はオススメしません。
これをしてしまうと
乗車後あるいは降車駅までいがみ合ってしまいかねないからです。
苛々の原因を増やすのはやめましょう。
満員電車など一日のウチの長くて数時間。

あくまでも電車は移動の時間。
目的の学びや仕事や遊びの時間を有意義にすごす力を
ここで使ってしまうのはもったいないでしょう。

ではどうするのか。

軽く会釈して極力ゆっくり乗り込みます。
すぐに後ろから他の人の強引な圧力を受けるでしょうがその力の前で
あなたは被害者であり、そのちからにうまく乗る事が出来たらひとまず乗車はクリアです。
体の力をある程度抜いて乗り込むのがポイントです。

まぁだからこそ勇気を持って最後に乗り込むのもオススメします。
一見
大切な荷物をドアに挟まれかねない、
予想外に早く扉をしめられて乗れなかった、
挟まれたなどリスクばかりが目立ちますが、
直前のひとにうまく体を合わせながら(密着はせず)、
やはりゆっくり乗り込むのです。
後ろからの人的プレッシャーは少ないので、
乗車後マイペースによいポジション(人がいない側面がある)を確立するには適しています。
長時間乗車される方などは、ポジション取りが大変重要ですね。

さぁ
復習です。

【体の向き、角度】
横か斜め。

【足腰の高さ】
中腰

【体の預け方】
同じ角度に同じスピードで最後に乗り込む

そして次回
応用編
をお伝えします。
by 123455677 | 2007-02-20 19:01 | 満員電車

No.506 書きたがる人々

今から遡る事8年前、脚本執筆の資料探しに神保町を訪れた時
ある本のタイトルが一瞬にして目と心に突き刺さった。

「書きたがる人々」

人々は皆自分の事を書きたがる。それは各々伝えたいことがあるのだろうが、
たいていは幼稚な自己満足に過ぎず読むにたえない…
そんな人々に伝えたい、「才能がないうえに努力もしないなら、
いますぐ書くのを辞めてください、迷惑なのです」

…といったとても厳しい内容だった。

その2ケ月後書き上げた脚本は14回書き直したのを覚えている。
それでも果たして開演に際して「この脚本が果たして人に見せるレベルだったのか」
と聞かれて偉そうに「間違いねぇ!」とはいえない。

今巷ではblogが流行っている…というか完全に浸透している。
歯を磨くがごとくblogを書く人も少なくないらしい。
そして僕もその一人だ。

時々怖くなる時がある。
「自分がやってしまっていることの拙さ」に。
周りがみえていない自分に。

目指すべきものと仲間の思いを頼りに、日々価値あるものへと昇華させていきたい。

まったく怖いものですね、blogって。
by 123455677 | 2007-02-19 19:00 | しそぉー