<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.606 誤解

『大切な人の喜ぶ顔が見たいから頑張る』
ダレモソンナコトイワナイ。

誰も言わない言葉の中にたくさんの真実が隠されていて、僕らは時にそれらを見つける事が出来ずに暮らしてますよね。

『当たり前だろ』とか『察しろ』とかすら時に言わずに。

『あいまい』は怖い、『あいまい』は危険だ。『I MY ME』欧米人達はハッキリと主張する。しかし日本人は美徳を重んじる。

だから『欧米人』はあまり『誤解』しない。だが『日本人』は『誤解』しまくりだ。幅広い解釈で改善を繰り返す天才集団『JAPANESE』。

の一人僕は、ハッキリとモノを言うようにして『誤解』を一つでも多く消し去りたいと思う。
by 123455677 | 2007-05-31 07:35 | しそぉー

No.605 個性派『集団』

元暴走続の特攻隊長が素朴な大学生と買い物にいき、ファッションを変えてメチャかっこよくする。

互いに同棲しているオンナ同士がひょんなことから意気投合し、互いの境遇を語り合う。

僕が偶然にも繋いだ縁が人々に笑顔を作り出していく…。

おこがましくもそう思えた事がサイコーに嬉しかった。


僕がゆく所ゆく所に個性的なひとが集まる。
だから飲みにいったりすると一見してなんの集団だか皆目検討も付かなかったりするんだ。

周囲の目がそれを訴えるとき、僕は悪ガキのような顔で笑う。『やったぁ』ってね。

僕はいつだってちゃんとレールの上を歩けない痛いコだったから…冷遇されてる人だとか飛んじゃってる人の気持ちだってちょっとくらいならわかるんだ。

自己チューで自己チューで
自己チューで自己チューで痛い目あって来たから、だから嫌われても低温の温室にファイアーボールを投げ込むんだ。

それを理解してくれる仲間がいるから、何回投げても僕の肩はそう簡単に壊れない。

だからまた個性派『集団』と共に歩いて行く。

皆違う『カンジ』の奴らだが大切な仲間、趣味も好みも生き方も温度も違うけど、同じ花咲く種植えたもん、もーいくしかないっしょってカンジ。

桜井さんに言わせれば『どんなことが起こるんだろう、想像してみるんだよ』って感じ。
by 123455677 | 2007-05-30 07:42 | 仲間。

No.604 張り切り損

満員電車トーク。
めっちゃ混雑する時間の帰宅ラッシュ。
ここは渋谷駅。

井の頭線のある車両に乗り込むと若い美男美女夫婦とその子供。

すでに電車は満員状態。

旦那の方にとりあえず牽制の睨みを頂く。まぁまぁ…

こちらとしては敵視ゼロ。子供好きとしてはこのガキが痛い思いしないですむよう鉄壁のガードで次々容赦なく乗車してくる人の波からガキが圧力喰らわないように力でサポートしようと瞬発的に決意。

心の中で
『テメエラ家族は俺が守る!!』
と叫んだその刹那、あろうことか混雑を諦めて三人揃って出ていってやんの!

混雑を諦めて三人揃って出ていってやんの!

2回言っちゃったよっ…って
『おいっ!』


突如あいたのは社内のスペースと僕の心のぽっかり穴。

もーどーでもよくなって
なんかこー車内で柳のように揺られていましたよ。
by 123455677 | 2007-05-29 13:21 | 満員電車

No.603 壷焼き

今朝、電車内でとてもかわいらしい女子高生3人組がしていたまったり面白トーク。

『鬼太郎の巻』


A『ねぇ、目玉の親父って鬼太郎のゆくすえが心配なまま死んだお父さんの目玉がぽろって落ちてあーなったらしいよ』
B『へぇ』
C『でも、ウチは鬼太郎が墓場で転んで左目を打ちつけてぽろって出た目玉だってきいたよ』
B『へぇ』
A『ウチが聞いた話ではもともと鬼太郎には左目はなくて、時々心配になった親父が左目に出入りするらしいよ』
BC『ぐろーい』

吹き出しそうになった。
髪型や顔立ちはある程度今っぽいが、いじめの香りがほとんどしないその美少女3人組の会話になんか朝からほのぼのした。

余談だが、
C『今人手不足らしいからAちゃん、牛鉄でバイトしなよ!』

ってのも吹き出しそうになった。

牛鉄とは僕が生まれる一年前にオープンした焼肉屋さんで、開店当初から常連として我が家族が30年近く愛用し続けている焼肉屋さんだったからだ。

話される内容の殆どがツボだった。握手でもしておけばよかった…
by 123455677 | 2007-05-28 13:19 | 変なの!

No.602 999階制覇

以前ここで、テレビゲーム「トルネコの不思議なダンジョン」
の話をさせていただいたと思います。

このゲーム僕が大好きなゲームで、今回扱うテーマはその姉妹品。

「ヤンガスの不思議なダンジョン」

毎回形が変わるダンジョン・変わるモンスターを倒しながらどんどん
下へ下へとダンジョンを下っていくシンプルなゲーム。
シンプルだけに奥深い楽しみ方があるのです。
ドラゴンクエストが好きな人だったらみんなハマるのではないでしょうか。
っていうかドラクエが好きじゃなくてもみなハマる気がしています。

でもって
今回、やりにやりこんで、「999階」制覇を成し遂げました。
制覇するまでに約2ヶ月を要しました。一日30分くらい削っては
こつこつこつこつ。

結構難易度も高く、一度でも死んでしまえば、

1階から
レベル1から
お金O円から
仲間ゼロから
アイテムゼロから

の再出発になるので気を抜いたら最後なのです・・・

それだけに制覇すると感慨もひとしお・・・。

最近面白いゲームねぇなぁっておもっている人がいたらぜひオススメです。
頭は使いますがハマっちゃいますよ。
by 123455677 | 2007-05-27 13:33 | ファミコン

No.601 イケる

何年ぶりだろう、たぶん5・6年ぶりにサッカーをした。
フットサルではなく。

主審・線審つきで、9対9の戦い。
6戦戦いそのほとんどを左ウイングとして出場した。
戦績2勝2敗2引き分け。
1得点1アシスト。

でもそんなデータ以上に「メッチャやれた!」という感覚がうれしかった。

いつもフットサルでやっている斜め45度のドリブルでの突っかけ。
前線のポストプレーヤーとのワンツー。
サイドの縦への突破。
相手のマークをはずしてのスペースの使い方。
ミドルシュート
そして
左足(逆足)でのピンポイントセンタリング。

やることなすことハマってしまい楽しくて仕方なかった。

左サイドで起点を作って何点ものゴールを生み出せるなど、
ほんの少しでもロナウジーニョっぽいプレーができたから大満足だ。

ただ、
守備のポジショニング、声の掛け合いでの
後方のプレーヤーが指示を出すなどの約束事でのミスがあったことや
決定的なチャンスを2本はずしたのでそこは
普段のシュート練習からもっと意識をあげていかなければならない。

この日は、先輩の会社の同僚の方に誘っていただき、
僕の仕事の後輩(?)を連れて行って二人で暴れまわった。

フットサルとは疲れ方が全然違うのですね。
なんにせよ、「全然やれる!」という感覚を持って帰れたことは大きかった。
皆さんでまたやりたいと思う。
by 123455677 | 2007-05-26 12:40 | 蹴球

No.600 OLD MAGIC

『例えこのあと、どんな残酷な死がやってきたとしても、あなたの人生は幸せに満ちあふれ、あなたは人生の勝利者と呼ぶにふさわしいだろう』

そんな人が僕の周りには少なくない。

これは時々、大変有り難いことなんじゃないかなと思う。

目標を達成する事、夢を叶える事、幸せになる事、人それぞれちがうこれらの人生の豊かさの実の結実は、それこそ定年を越えた老年の顔から判断されていい。
まわりにそんな人々が多いと勝手に『ポジティブシンキング』になる。


将来は明るい、夢は叶う。
彼等は、きっと道の途中で涙を飲んで諦めてきた多くの夢や希望を、満ち溢れた現在の幸せな生活で包みこんでしまう不思議な魔法を唱える事が出来るのだ。

魔法は単体にかかるものではない。

その柔和な表情が優しさと強さと幸せの価値を教えてくれる。

老人とともに生きよう。
時に学校では学べぬ最高の教材となる事だろう。

優しくなれる。
by 123455677 | 2007-05-25 21:10 | 感謝!

No.559 ここあない

ご存知の方がかなり増えて来ましたが私はコーヒーを飲みません。

そのかわりといったゃあなんですがココアを飲みます。

そこで今日僕が強くいいたいのは最近のコンビニはね…誇張抜きにですよ…コーヒーの種類は10も20もあるのにココアがない!!

ってお店が少なくんです!!

そんなにマイナーですかね…

いろいろ考えさせられました。
by 123455677 | 2007-05-24 21:08 | drink&foods

No.598 的と論

最近富にキレやすいらしい…。

ある人からそう言われた…どうやらかなり感情的になっているようで…自分でも薄々気付いてはいた。

人から言われてしまうんだ…きっと怒りが顔にでまくっているのだろう。

僕はそもそも怒鳴ったり、怒り散らすタイプではない。

ただし
理不尽さを感じた時、すぐに感情的になってしまう。電力が限界を越えた時のブレーカーのように勢いよくキレてしまう。
相手を睨み付け、カウンターを飛ばしてしまう。これはもぅ、だらしない事この上ない…。
よーするに『挑発』というものに弱いのだ。

真正面から受け止めてしまうという『冗談の通じない』一族の血をひいている。

だからこそ、
そんな自分を知ってるからこそ、一つだけこだわっていることがある。

それは『感情的に』になっても『感情論に』走らない事だ。
逆に平然と『感情論』を唱えられると反骨心で燃えてくる。あくまでも原理原則に乗っ取ってカウンターを放つ。

お蔭様で長らくリーダーをさせていただいてきた、そんな人が感情論で動くと、公平さに欠けてしまうし、大局を見誤る恐れがあるからだ。その失敗で痛い思いを何度もしてきた。

常に冷静になどいられないじゃないですか、元々熱苦しい性格だ。

だからこそ、『そこまでだっ!!…落ち着け…』ってかんじの自己抑制機能だけは育ててきた。

僕は飲酒や喧嘩を含めて自分自信の記憶を失うほど乱れた事が5回ない。飲酒に関しては一度もない。

どうやら過去の経験からか感情のストッパーが働くようにメカニズムされてるらしい。それはきっと育った環境などによる所も大きいと思う。

てなわけでそー簡単には『感情論』には走らない。だから僕は、時々敬遠される。


だってば、
人間なんてなんだかんだいっても感情で生きてるもんな…
by 123455677 | 2007-05-23 16:40 | しそぉー

No.597 ジャイアントインパクト

オット、2日前の記事が未完成だ・・・完成させなきゃ・・・




すんごい親子をみた…

お母さんは普通なのに、その子供3人、
長女推定5歳、長男推定4歳、次女推定3歳が全員『おかっぱ頭』なのだっ!
それも全員すげーインパクトのある顔立ちなのだ!

片桐はいり的な顔が、なんと3つ。

お母さんは普通なのに、
場所は恵比寿ガーデンプレイス。

次女の乳母車を押す兄と姉に向けて、カメラを向ける母、

「ハイ、ポーズ」というと、

なんと長女が両手で頭の上に三角を作って、斜めっているではないか!
そして長男も同じポーズ・・・

あなたはこの激しすぎる図を想像できますか。

片桐はいり顔のおかっぱ頭の5歳娘と4歳息子が
同時に、頭の上で三角形作って斜めっている。

片桐はいり顔のおかっぱ頭の5歳娘と4歳息子が
同時に、頭の上で三角形作って斜めっているんですよ!



母親は
「うむ、それでよし!」
、みたいな顔をして、シャッター切ってる。

あの母親は相当のやり手だと思った・・・
by 123455677 | 2007-05-22 00:51 | 変なの!