<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

No.636 女夢酒

『今』格好悪い事が本当のかっこよさだっりするスタイルは守っていきたいよな。

エロガッパがまた酔っ払って言っている。

本当、時々いいこというんだよなぁ。

普段は酒と夢とオンナだけなんだけど…
by 123455677 | 2007-06-30 09:23 | しそぉー

No.635 愉快犯

どーでもいい話。

僕が使う電車の最寄り駅から次の駅に行くまでの線路に大変『うねる』区間があります。

でもって、乗客の快適な乗車ライフの為にも運転手の腕が問われる訳で…

でもでもってまだまだな運転手に揺れを吸収した巧みなハンドル捌きを求めるのは酷のようで、多分とっても難しく…(ただし各駅停車の場合、スピードの問題でこの例から漏れる)

まぁそういうシチュエーション。



…で車内の人間観察。

だからそれを分かって立って急行などに乗る乗客は揺れを吸収する動きに無駄が少ないのです。

吊り革、手摺りはもちろん、それらを確保出来ない人達は、内股に力を入れるなどして踏ん張る準備が出来てるのが見てとれる。

で準備していない人、でもって案の定ぐらんぐらんに揺れて体勢崩してる人。

彼らはこの路線に乗り慣れてない人である可能性が必然的に高まるとか勝手に推測。時々社内アナウンスで『危険ですので』って言ってるがたいてい言ってるそばからもう激しく揺れてて…

でいつものように激しい揺れ。後ろから聞こえてきたユニークな声。

『おっとっとっと』

傘をさして片足をあげて歌舞伎役者のように跳ぶ女性。

あーあー慣れてねーんだな、可哀相に、と思った次の瞬間、次の揺れ方向に先に傾いて、

『おっとっとっと』

???…!

愉快犯かと。

よくみりゃ楽しそうに笑ってる。

…という長い文章の割にはかなり内容の薄い本日でした。
by 123455677 | 2007-06-29 21:09 | 変なの!

No.634 レディーファースト

レディーファーストという言葉に対して、『淑女第一』みたいな訳語は僕は聞いた事がない。

で、エスコートが大切になるわけだが、それすら値する日本語が僕のボキャブラリーの少なさからは思いつかない。

因みにボキャブラリー自体ならすぐ語彙力と思い付くわけで…

『文化なきところに言葉は生まれず』

BY ウ゛ィンセント・ウ゛ァン=ヲハール

この間読んだ本に『エスキモーの民族には(悲しみ)という言葉がなく、実際そういった感情は他の民族と比較しても稀薄』というようなことが書かれていました。

更に以前書いたのですが、『肩凝り』という言葉のない国では、肩の張りを訴える人は殆どいないそうです。

レディーファースト、エスコート…
そのまま、外来語を使っているところをみると残念ながらそういった文化が昔の日本には稀薄だったのかなぁ?とかちょっと残念になりました。

P.S.レディーファーストだからといって、ジェントルマンはセカンドとは限りません。ヤバいです。セカンドならましです。人生色々です。
by 123455677 | 2007-06-29 00:17 | らヴ

No.633 いきまっしょい

世の中のほとんどの事はうまくいきません、だからなんとかするのです。
仲間と共に、環境を活かし、ない知恵絞って。

BY ウ゛ィンセント・ウ゛ァン=ヲハール
by 123455677 | 2007-06-27 15:45 | しそぉー

No.632 正解

王様に裸という少女。
みたまんまだから時にそれが大切ですよね。だのに…

『正しいってなんですか』

『大人になったらわかりますか?』

『40歳って不惑っていうんですよね』

『40歳になったらわかりますか? 』


隣人を尊重できますか
今日の私どうですか
親孝行してますか
臭くないですか
いくらですか
殺しますか
大丈夫?

いいえ。

覚悟…足りてますか?


…いいえ。
『いいよ。』
『…えっ?ダレッ?』



ぽかーんと口を開けて、常識とかしがらみとか義務とか一瞬放置して頭に浮かんでくるイメージ達に返事してみる。

すると意外ともいろんな事に答えられる自分に気がつきます。


『いいよ。』

『はぁ…なにがですかねぇ………………………………えっと、正しいってなんですか』

『殺しちゃダメ』

……

『えっと…もう一度聞きますよ、正しいってなんですか』

『殺しちゃダメ』

……

『答えになってま…』

『ダメ、殺しちゃ』

……

『他人も自分も心も思考もね』

『…はぁ』

『そう』

『ダメ、殺しちゃ』

『…なんとなくわかる気もするけど…やっばわかんないかな…あーもうわけわかんねーよ。』

『ウザい?』

『…』

『やんなる?』

『うん、かなり』

『そういうことでもあるよね』

『え?』

『正しいことってやんなる』

『はぁ……』

『で…?』

『でって?』

『やんなって?』

『…やんなって…でもまたかんがえちゃう』

『うん…で?』

『また、で?…うーん、まいっか…かな』

『そこポイントだよね』

『うーん?…考え…続けろと…』

『例えば、難しい算数の問題があったとして、正しい答えを知るためにはどうする?』

『諦め…』

『コラッ!』

『カンニン…』

『コラッ!』

『人に聞く…じゃだめなの?…うーん式?式使って解く?』

『正解』

『えっ正解?正しいの?算数じゃないよ!人生だよっ!人生に式なんてあるの?』

『ほうら答えまで、正解まであと少しかもよ』

『えっ…ええっ?』

『そんな時は?』

『………あぁ』

『それが君の…だろ』

『………うーん、そうかもー』

『じゃない?』

『うん』


口を閉じる。


あの子の目に光りがもどったから僕はその小さな手を繋いだ。

でも正しいなんて正直全然わからない。それでも僕は胸を張って先へ進める。
by 123455677 | 2007-06-26 08:16 | しそぉー

No.631 通知

最近野菜ばっかり食べています。生鮮野菜。


僕は小さい頃から家族、特に父の影響で『濃い味つけ』の食事を繰り返してきました。

素材の味を楽しむというよりはソースで楽しむ。
つまり調味料の使い方で楽しむ食事を繰り返してきました。

特にしょーゆ。

日本酒や鰹だし、煮干しに、柚。やっぱ日本人ならソイソースでしょって。

でもって
いかに味付けするか。

この考え方にうってつけなのがやはり『肉』。

どんなデミグラスソースにしましょうって。やっぱ肉にはポン酒じゃなくて赤ワインでしょって。

そんな暮らしを続けたから、添加物を嫌って冷凍食品なんか全然食べないにもかかわらず、僕は素材の味をわからず大きくなってしまった。

庭に、茄子、トマト、きゅうりを栽培しはじめたのが10年前。採れたての野菜を美味しいと思えなかった。そのことに最初は悲しみすらなかった。

ここ数年素材の味をリスペクトしはじめた。薄味に慣れ、外食やコンビニ食の回数を減らし、トマトを甘いと感じ、ピーマンを辛いと感じ暮らしている。

だからかお通じもよい。
by 123455677 | 2007-06-25 00:43 | ひすとりー

No.630 参拝

本当に運よくMr.Childrenのチケットを手に入れる事が出来た。

ファンクラブの抽選にも当たり前のように外れ、ローソンチケットでもしくじり、諦めかけていた所に仲間が手に入れてくれた、本当に感謝。

そして『in 横浜アリーナ』へと行ってきた訳だが…



最高。



おじいちゃんが、隣で孫が跳びはねる。
男女比約1対1。
老若男女入り乱れて叫ぶ。
ボーカルはやたらと客席を巻き込んでくる。僕らはそれに答える。

支配する空気は『バンドボーカリストへの愛』ばかりではない。

暖かくそして熱く、ちょっとバカバカしい僕の理想の空気がそこにはあった。

高校時代やクリスマスに礼拝に行っていた僕からするとMr.Childrenのライブは宗教の礼拝に似ている。

暖かく、慈愛に満ち、力強く生きる力を後押ししてくれている、そんな感覚。

それが大好きなアーティスト達の作り出す世界観に乗せられて運ばれ、僕らはそれに精一杯に答える、至福の時。

重低音にのせられて、あがる心拍数と矛盾するように、暖かく、熱く、それでいて救われる心。

僕は彼らを参拝し続ける。
by 123455677 | 2007-06-24 10:19 | Mr.CHILDREN

No.629 ぬぅ

僕の名は膝小僧。
簡単に怪我をする。

フットサルをした後に、一時期のみんなは僕にこう話しかけてきた

『今日はドコやっちゃいました?』

とみんなも大袈裟?
いやいや俺が擦り傷や痂を作りすぎか…

でもね
それでいてあまり大事に至ったことはないのですよ。

入院経験零。骨折は疲労骨折、捻挫も遊離軟骨の一回づつ。一針すら縫ったことがありません。

という訳で今日一番いいたかった事。
『縫う』って怖くねっ?
by 123455677 | 2007-06-23 14:47 | ふっと去る

No.628 ドラゴンおちおち

僕が小学生だった頃、死にたくない理由の上位にこんなのがあった。

『だってドラゴンボールの続きが気になっちゃうじゃないか!!』

真剣だった。
『おちおち死んでられるか!』と習いたての日本語を無茶苦茶に使った。

今の僕に問い掛けてみた。
『そーいうのあるかなぁ』って…あるっちゃああるがやっぱり当時ほどのモチベーションはない。

でも
死にたくない理由は当時に比べ圧倒的に増え、その一つ一つが重くなっている。
それは誰だって同じだろうなんて言うつもりはないですが…

命を軽んじる人がいたとしたらそーして欲しく…ないなぁと。…は思う。

だからこそ
取り返しのつかない事を平気でやる人に問う。

『3年後、10年後、30年後自分に後悔しない?』

『大切な人達に迷惑かけすぎてない?』

『世の中に自分の感情やプライド以上に大切なものがあったらどうする?』

今、命や健康の優先順序が大きく揺らいでいると思う。最近特に痛感する。

そんなこと語ろうものなら『押し付けんな』なんて帰ってくる。時代か?思想か?自由…ってやつですかね。

お蔭さまで多くの人達に支えられて僕らは幸せに生きている。

辛い事、信じられない事沢山あるけどみんなのおかげで結構向き合えてる。

ドラゴンボールはとっくに終わってしまったけれど
今度こそ意味をわかった上で『おちおち死んでられるか!』って毎日ですね。
by 123455677 | 2007-06-22 13:36 | しそぉー

No.627 咲く乱

『人は何かを成し遂げた時から衰退していく』そんな考え方もあります。

僕は最近、昔っから念願だった巨大なTVを買う事が出来ました。

小さい頃からの夢の一つで、ここで以前取り上げた通り随分前から『積もり貯金』をしていてお金もそこそこ貯まっていました。(硬貨だけの貯金で十数万、自分でも驚き!!)

しかし、嬉しくて嬉しくてたまらないはずなのに、心にぽっかり穴があいているのです。

そして冷静になって自分の愚かさ加減を知りました。
『成し遂げたら衰退?』

カンケーありません。

今もっと大切な事があってそこから逃げてるだけなのだと気が付きました。

例え10数年思い描いた夢の実現であったとしても、それ以上に大切な事がある。
ただそれだけの事なのです。

僕はただ間違っていた。

花は咲くのが役目でしたね。
by 123455677 | 2007-06-21 23:36 | ひすとりー