<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.699 節目に節目

こんばんは、りょうです。
なんだかんだで700回目です。
・・・いや実は699回です、
はやとちりです。

でもまぁ
実はこのタイミングで人生の一つの転機も訪れる事になりました。

人生初の一人暮らしです。(遅ぇよ。)

まだそれが決まっただけなので詳細はわかりませんがとにかく決定です。

最近、仕事、プライベート通じてイベントというか節目がとても増えていて大変ではありますが張り合いもあります。

だもんだから
忙しくて様々な『仕方ない』に流されて大切な何かを失いそうになるじゃないですか。

その都度、
自らの強い意思を持って、
何を捨てるべきで何を守るべきか、面倒ですがちゃんと考えてすすんでいきたいですね。

P.S.このblogはもちろん守りたいほうです。
by 123455677 | 2007-08-31 19:46 | 感謝!

No.698 水族館にて

d0057589_7575393.jpg

突然マンタが死んでました…。


嘘です。

なんかこーこんなかんじですやすや…

ちょっとかわいらしかったです。
by 123455677 | 2007-08-30 07:57 | 変なの!

No.697 体の節制

こんばんは、りょうです。
誕生日を祝っていただけるのはうれしいことですが・・・
なんかネガティブな言い回しばかりが妙に目立つので・・・

反抗して「自慢」でもしようかなと思います。

僕は現在体脂肪が「8%」です。
たしか大リーガーのイチロー選手と同じくらいだと思います。

てなわけで
一応体には気を使っています。

酒はたしなむ程度、
タバコは吸いません。
間食もほとんどせず、
もともと甘いものはあまり摂取しません。

食事も基本的には「大食漢」なのを気にして、
牛丼屋にいっても「並」を頼みます。

最近では大好きな辛いものも控え、
大好きだったコーヒーはもう1年近く「2回」しか口にせず
お風呂では常にストレッチを欠かしません。

高校時代のテニス部の顧問が
「スポーツ力学」を我々を実験台にしてガンガンやっていたのですが、
それが今、活きているかなぁとちょっぴり感謝してみたりもします。

おかげで、今でも
腹筋100回とか
片手の甲とつま先のみ使った腕立て伏せ10回とか
背筋なら180Kgくらい
握力なら50Kgくらいならキープしています。

とまぁ、ウザい自慢はこれくらいにして、
よーするに健康には気を使っています。

様々な所で、様々な人とかかわりを持つ中で、
自分がしっかりしなくちゃという機会が増えたりするわけで、
基本に立ち返ってしっかり生きていこうと思ったりしているわけです。

てなわけで

目指せ!40歳で体脂肪一桁!


・・・いってみただけですよ・・・

ほら、命って大切だっておもってですね・・・

d0057589_153273.jpg

by 123455677 | 2007-08-29 01:06 | ひすとりー

No.696 記録的雷雨

一瞬パソコンが真っ黒になった。

雷雨だ。

人生でこれほど激しい雷は初めてだ。

光の回数も多いし、
音も大きい、
落ちている場所は確実に近い。

稲光が長く、大きく、早く、回数が多い。

ここは世田谷。

世界の終わりってこんなのなのかなって思ったりしている間に
真っ暗の中で轟音が鳴り響き、
光が繰り返し放たれる

テレビの中の世界陸上大阪は晴れているように見える。

しかし、
パソコンの電気が『一瞬』落ちるなんて・・・

アースつないでおいてよかったと思う。

・・・収まったのかなぁ・・・

普段雷なんて怖くないと思っていましたが、
今日ちょっぴり怖いと思いました。
by 123455677 | 2007-08-28 20:15 | パソコン検定7級

No.695 大台突破でも

こんばんはりょうです。
30になりました。

今夜は大切な友人の一人から『あなたらしく』と教えてもらった歌の歌詞を載せます。

よかったら是非聞いてください。


全力少年
【スキマスイッチ】
※歌詞が間違っていたらすみません

躓いて転んでたらおいてかれんだ
泥水の中を今日もよろめきながら進む

汚れちまった僕の世界浮いた話等ない
染み付いた孤独論理拭えなくなっている

試されてまでもここにいる事を決めたのに
呪文のように仕方ないとつぶやいてた

積み上げたものぶっこわして
身につけたもの取っ払って
とめどない血と汗で渇いた脳を潤せ

あの頃の僕らはきっと全力で少年だった
世界を拓くのは誰だ?


遊ぶ事忘れてたら老いて枯れんだ
ここんとこは仕事オンリー笑えなくなっている

ガラクタの中に輝いてたものがいっぱいあったろう
大切なものすべて埋もれてしまう前に

遮るものはぶっとばして
纏わり付くもの交わして

とめどない血と涙で渇いた心臓潤す

あの頃の僕らはきっと全力で少年だった
怯えてたらなんも生まれない

淀んだ景色に答えを見つけだすのはもう辞めだぁ

濁った水も新しい光ですぐに澄み渡ってゆく

積み上げたものぶっこわして
身につけたもの取っ払って
幾重に重なり合う描いた夢の放物線

紛れも無く僕らずっと全力で少年なんだ

世界を拓くのは僕だぁ

視界はもう澄み切ってる
by 123455677 | 2007-08-27 20:31 | 感謝!

No.694 大人時間

船上レストランに行ってきました。

海に浮かぶ壮大なダイニングにドレスアップされた人々が揺れています。

豪華客船を模した船内には多数のくつろぎスペースが用意されており、老若男女入り乱れて夜景に、絶品メニューに舌鼓。

動く厨房では汗を見せぬシェフたちがレインボーブリッジに照らされながら腕を奮い、文字通り『船上のピアニスト』も名曲のアレンジに余念がありません。

そこに僕は場違いギリギリのダメージジーンズと不手際な仕種で、
乾杯のワイングラスを当てそうになり勝手におおわらわ…

目の前に広がるのは東京湾の夜景というよりは世間様が教えてくれた三十路という現実…

落ち着き払った船内の紳士淑女をひとしきり見回すと一息。

手にいれねばならない大人の感覚をなんつーかこー…思ったわけです。
by 123455677 | 2007-08-26 09:50 | ひすとりー

No.693 止めんな!

個人的な話ですが、
今思えば
「価値を、言葉を、生み出す事が出来ていた時代」ってぇのがあって、
今はなかなかそうはいかないのです。

考える事が減ってしまった気がする。多分それが原因かなぁ。

曲がりなりにもプロとなり、結果を出さねばならぬ仕事にゆとりは軽く忙殺され、
脚本も詩も心理学も…例えば感情の因数分解もしなくなった。

そんな時、電車の中吊り『R25』のロングインタビュー欄に
山田五郎氏の『自分は探すものではなくつくるもの』という一行をみつけ、
はっとさせられた。

僕は自分づくりを怠っるりなぁって。


19才の夏、
半蔵門に集結した世界的大スターや日本の大スター達が
何日もかけて僕に教えてくれたのは、

『テメェで考え、テメェで決め、テメェで苦しみ、人に影響与えねば、なんも出来ねぇよ』

というプロの世界観だった。


木村拓哉は言った。
『んだよ』

桜井和寿は笑った。
『いいって』

広末涼子は飛んだ。
『ごめん!』

福山雅治は無視した。
『悪ィ』

森高千里は聞いた。
『どこへ』

BON JOVIはなんじゃ?
『HAHAHA!』

みんな、『テメェのけつはテメェで』って。

彼らは間違いなく大スターで俺は庶民で・・・
臆しようものなら、藤井フミヤが『じゃサヨナラ』…って


負けるのは嫌い。


だったはずなのに、考えるのが減った。

価値や言葉は滲み出るものが心に響くから、
さくっとアドレナリンがでるくらいモーレツにテメェでやってみたい。

いろいろ。
by 123455677 | 2007-08-25 07:59 | ひすとりー

No.692 プロという名の香り

『一喜一憂しすぎちゃ駄目』

そう教えてくれたのは株屋の女性でした。


折りからの世界同時株安を受けて、僕の持っている全ての株も暴落しました。

気落ちし不安がる僕に、株屋としては若いはずの担当の女性は一言、

『大丈夫』

とだけ言いました。

その言葉を素直に信じる事が出来ている今、それら全ての株は確実に回復し、安定右肩成長に戻りました。


彼女の言葉を信じられるようになる過程…それはプロフェッショナルを学ぶ時間でもあった気がしています。



彼女と出会ったのは四年前。

会社に401K(確定拠出型年金)を説明され、『これからの資産運用はリスクヘッジが必要な時代なのです!』と再三言われた僕はもちうる低資産をにぎりしめ、株屋に向かった。

父はバブル気に100万を2000万に増やすなど株で多くの経験をし、日頃から僕に勧めていたがなんにせよはじめる元本がなかった。

折りにボーナスと年金システムの変更という鉢合わせで、

『節目だ』

と踏んだ僕の前に彼女が立っていた。

ちょっとぎこちなさが消えない社会人数年目くらいの髪の長く綺麗な営業ウーマンは、僕にその市場の成長性を必死に説いてきた。

情が移ったわけでも恋をしたわけでもない、正直担当なんて誰でもよかった。

自分なりに『今はここだ!』としっかりリサーチ出来ていたと考えていたから。

担当となった彼女は僕に五つの銘柄を推奨してきた。

僕は市場の調査をしたとはいえ、銘柄についてはとぼしく、『このカテゴリーならどれでも確実性がある』と思っていたカテゴリーがあったので軽い気持ちで彼女の推奨するそれらを買った。

すると僕のリサーチ通りすぐさまそのうち4銘柄があがりだす。

その中に彼女のイチ押し企業があったのだが、逆にその銘柄のみが2年間全く上がらなかった。むしろなだらかに坂を下っていた。

ある秋、彼女は約束を誤り大失態をする。

『このタイミングまでに換金してくれ』

という要求の期日を見誤り、僕は10万程の損害を被った事があって、彼女は家まで上司とともにやってきて深々とお辞儀していた。
その時の青ざめた表情は忘れられない。

その頭をあげた時期だった、忘れもしない急激な変化が起こる。

彼女のイチ押し企業が急伸を始める。

どこまで伸びるのかという勢いで気がつくと、『ここ3年間で最も成長した企業』になっていた。これには本気でビビった。

お陰で
資産は4年で四倍に増えていた。

急伸するタイミングには彼女の的確なアドバイスが飛んでくる。


僕は本当にラッキーな奴だと思う。

『今是非りょうさんに持っていただきたい銘柄があるんです』
最近、また彼女は僕に『金の成る木』を教えてくれて、
この株も今回ともにダメージを負いながらも力強く回復して力を見せてくれている。

そんな彼女の口癖…
それが冒頭の言葉だ。

僕には背がすらっと高くて美しいビジネスパートナーがいる。

感謝をするとプロという名のフェロモンを滲ませつつもハニカむ彼女に僕は全幅の信頼をおいている。
by 123455677 | 2007-08-24 09:30 | 仲間。

No.691 空似

d0057589_7515762.jpg

なんか阿部寛が『ヒライケンジ』にみえた暑い夏の日…

クーラーと一緒に僕の頭もオーバーヒートしています。
by 123455677 | 2007-08-23 07:51 | 満員電車

No.690 事後報告

駅員さんで

自動改札しかない改札のはじに立って、有事の際に問題に対応する『係り』の駅員さんっているじゃないですか。


一番駅員さん側の自動改札をこうみるでもなくぼーっとみている駅員さんがいたのですが…

その顔がまたすんごい間抜けだったんですよ。

『んあー、んあー。んあー、んあー。んあー?…んあー』

愉快でした。

以上で今日の報告を終了します。

お疲れ様でした。
by 123455677 | 2007-08-22 00:01 | 変なの!