<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1070 テニスで続々快挙!凄いぞ、錦織圭

今日はテニスの込み入った話をちょっと。

テニスの四大大会最終戦、全米オープンは30日、
ニューヨークで行われ男子シングルス3回戦で18歳の錦織圭(ソニー)が
昨年のベスト4のダビド・フェレール(スペイン)にフルセットで競り勝ち、
16強による4回戦に進んだのです。

全米で日本男子の4回戦進出は、1937年の中野文照と山岸二郎以来71年ぶりで、
戦後初の快挙なのだそうです。
四大大会では95年のウィンブルドン選手権で準々決勝に進んだ松岡修造以来!
修造のサーブは本当に世界一早かったなぁ・・・。

6、7月のウィンブルドン選手権に続く2度目の四大大会出場となった錦織は
フォアの強打を軸にゲームを組み立て、最初の2セットを6―4、6―4で連取。
続く2セットを3―6、2―6で落としましたが、最終セットに粘りを発揮して7―5で奪いました。

相手は第4シードです。
6年間テニスをして、ちょっとぐらいの情報は持っている僕にとっても
このニュースには驚きを隠せませんでした。
早くからアメリカンスクールで実力を伸ばしてきた錦織選手。
まだ18歳!!

これからもっともっと僕らを驚かせてくれること
間違いない選手です!
by 123455677 | 2008-08-31 11:36 | 汗をかく者達

No.1069 旅行斡旋

http://no1b.jp/

ブログをごらんの皆さん
いつもありがとうございます。

上記はNo.1ブログというサイトの入り口です。

たまには人気順でほかの人のブログを読んでみるのもよいでしょう。

それでは楽しいご旅行を!
by 123455677 | 2008-08-30 01:01 | 右のNo

No.1068   勝つ方法

死ぬほど負けたくない時ってのがありますよね、誰にもきっと。

今日僕はそんな感じです。
長い日常の積み重ねの中で人と人は違う道を歩みながら、
毎日を繰り返していきますね。

人と人を客観的にみていると「こっちのほうが楽な人生」と「こっちのほうが大変な人生」
というのが見える時があります。

それが真実であるかないかはわかりませんが、
こういった場合大抵前者の人は「努力量が甘く」、後者の人は「努力量が多い」
そんなことが多いんですよね。

見分けるのは「言い訳の量」だったりします。

ほかにも
「がんばっている人の言い分」と「がんばっていない人の言い訳」の違いは
目を見ていればわかるものですからね。

「言い訳なんかしている暇がない」くらいがんばってやっと
勝つヒントが見える。そんなとこですよね。

勝つって大変だぁ・・・。

d0057589_23274059.jpg

by 123455677 | 2008-08-29 23:20 | しそぉー

No.1067 遭遇率1%以下

99%以上ありえぬ妄想をしました。

便意をもよおして、一刻も早く
家に帰ってトイレに駆け込もうというときに
道端で通り魔に遭ってしまった時の話だけど・・・

きっとね、
必死で生き残るよ

だって、刺されて、殺されたら
漏らすもの!

そんなのぜってー嫌

食事中の方ごめんなさい。
このサバイバルだけは歯を食いしばって勝ちます。
まぁ遭遇率1%以下だろうけど、この状況。

d0057589_3574275.jpg


着地したら漏らすぜ。
by 123455677 | 2008-08-28 04:04 | 変なの!

No.1066   抗体

31アイスクリームというのを皆さんもご存知でしょうか。

「31」になってしまいました。
なんだかよくわからない数字ですが、
まぁうまく自分の血肉にしていかねばなりませんね。

私は多分周囲の31歳よりも考え方がしっかりしていないせいか
日々成長を感じています。

学べることは学び、吸収できることは貪欲に吸収します。
こういう歳は、「あきらめ」なんかを呼びやすいのはよくよくわかっています。

だからこそ自分を強くもって生きて生きたいものですよね。

水泳の北島康介選手が、
すばらしい水着「レーザーレーサー」ばかりが注目を浴びた時に、
それを着るか着ないかで入賞、世界新という話に対して、
「泳ぐのは僕だ」というTシャツを着ていましたが、
あの精神を大切にしたいなぁと思っています。


抗って、自己主張することは時に最重要にもなりうる。
d0057589_1192296.jpg

by 123455677 | 2008-08-27 01:13 | ひすとりー

No.1065 活かしたいもの

「すべてはキモチの強さが決めてしまうのだ。」

彼は缶酎ハイを一気に飲み干すとそう言った。

「一体どうしたいんだ!!」

飲み干した空缶を机にたたきつけると予想以上の音がしたのだろう彼は我に返ったようだった。

昨日駅前で見かけたホームレスの話である。

真ん丸に大きくなった目はすぐに眠そうなそれに変わった。

小さい声で
「てやんでぃ」と聞こえた。

文字通り「宵越しの金は持たぬ」江戸っ子気質のこの男は、家路につくまえにネクタイを振りほどいてしまった疲れきったサラリーマンの胸をえぐった。

世の中には活かしたいものがある。

d0057589_1132657.jpg

by 123455677 | 2008-08-26 23:45 | しそぉー

No.1064  速さを競って世界3位

今回のオリンピックも悲喜こもごも。

一人の日本人として日本を代表する沢山のアスリート達に一杯感動を頂きました。

その中でも僕にとっての最大の感動は、「陸上男子400Mリレー」でした。

「朝原さんにメダルを」を合言葉に日本の四戦士は「100M走のタイムを競う」という、オリンピック種目の中でも最もシンプルかつ身体能力を求められる種目でメダルを取ってしまいましたね。

日本人が走る速さを競う競技で世界三位。

衝撃的な驚きでした。

確かにお金持ちのわが国には
日本には最新鋭のトレーニングジムがあり、
科学的トレーニング法が用いられているのでしょうが、

それこそ「北島康介」選手じゃないですが、
「走るのは日本人」なのです。
その日本人が4人でタスキをつないでの銅メダルに目頭が熱くなりました。

日本人の可能性の深さに
喜びの悲鳴を上げるオリンピックでした。

すげぇ身体能力!!!

d0057589_010891.jpg

by 123455677 | 2008-08-25 00:04 | 汗をかく者達

No.1063  屈辱的無力

今日は大会に出場しました。

チームは2勝2敗、5チーム中3位で終戦。

自分はというと何も出来ず、そして何もせず終戦。
チームの力になれず屈辱的な時間となりました。

初戦はスタメン、トップで出場。
「激しくプレスをかけてくれ、疲れたら交代で」の指示通り、
走りまくりましたが、攻守の切り替えの速さに戸惑い、
ポストプレーヤーとしてはほぼ機能せず。走り疲れて交代。
交代後チームは点を取られて敗戦。


二戦目は出場せず、チームは快勝。

三戦目は守備として出場。
大会ナンバーワンチーム相手に慣れない守備で応戦。
プレスは効いていましたが、ミドルを決められ、
今度は外を警戒して膨らんだ真ん中を抜かれ失点を重ねてしまいました。

この試合で自分の無力さに怒りがこみ上げ
あまりにも悔しくてオーバーラップを二回しかけました。

一回目は中央突破から右に流れながら左サイドのスペースにパス。
キーパーとの一対一のシュートを引き出せました。

二回目は右サイドをドリブルで一人抜いて二人目にクリアされました。

いつもの練習で出来ていたプレーは大会通じてこの2つだけ。
オーバーラップ直後、キーパーのロングフィードを止めようと頭を出したら後頭部に
モロに直撃。脳震盪を起こしそこで三戦目は終了。チームは大敗でした。

四試合目も出ることなく。
チームは2点取って勝利。

大会を終えました。

チームとしては、
急造の割に早く形を整えることに成功し、
パスをまわしながら、ゴールに迫るシーンを何度もつくり、
シュートの意識も高く、決めるべきところでしっかり決められていたので
良かったと思います。

僕個人としては、
とにかく何もできず終戦。
活躍するしないに年齢は関係ないし、
勝負すべきスタミナもたっぷり残し、
もう何がなんだかわからないうちにすべてが終わってしまいました。

練習していたことを試合に出せずに終わるのは
本当に悔しいものです。
はっきり言って僕はチームに必要のない存在でした。

あんなになさけないならフットサルなんかやめたほうがいいと思うほど、
何もできませんでした。

繰り返してきたシュート練習もシュートまで持っていくことが一度もなく終わり意味なし。

試合で生きる練習をしたいと思います。
そうしないとこの屈辱は繰り返されるだけだと痛感しています。
もう一度自分のプレーと向き合って
練習したいと思います。

本日の成績
2勝2敗(自分の出た試合0勝2敗)
得点0、アシスト0

通算成績
55勝48敗38引き分け
84ゴール61アシスト
6ハットトリック

こんなこと書くだけむなしいくらい何の役にも立っていません。
猛省。
by 123455677 | 2008-08-24 21:31 | ふっと去る

No.1062 2種類の原爆と2種類の日本の被災地

皆さんは日本に落とされた原爆が
広島と長崎でまったく違った種類のものであったことをご存知ですか?
僕も最近知ったのですが、それがいったい何を意味するのか。

大量殺戮という名の実験(戦争での攻撃)

アメリカはその後どんな戦争にも
原爆を投下していない。
それはその兵器を使ってはいけないものであったことに気がついたからではないのか。
しかし、アメリカを含む世界中の多くの人々がいまだ原爆の生残さをしらず
新しい原爆を作り続けている。
アメリカが原爆の真実をしっかり世界中に発信していないのでないだろうか?

真実は時として語られることはない。

それでは良くないことのほうが多いのだと思います。
by 123455677 | 2008-08-23 02:54 | しそぉー

No.1061 少し気持ちいい

人はあまり気持ちよくなりすぎてはいけないようですね。
気持ちよすぎると「目的」や「期限」を忘れてしまう。

だから、気持ちよくなるのは「最後だけ」でよいのかもしれません。
それぐらいがきっとちょうどよいのです。

いい塩梅なのです。

d0057589_2494597.jpg

by 123455677 | 2008-08-22 02:48 | つれづれ