<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1281   邪魔水

じゃまだじゃまだどけどけーぃ。

みんな俺の新聞をまってんだーぃ。

ニュースがなくて飯が食えるかぁ!

d0057589_21413822.jpg

by 123455677 | 2009-03-31 21:41 | 変なの!

No.1280  バイク自賠責保険できるって聞いたんですが?

あっそれ
ローソンです。
d0057589_2126597.jpg

by 123455677 | 2009-03-30 21:25 | 変なの!

No.1279  Is war sleeping time ?

日本代表のバーレーン戦を見ました。


ぶっちゃけたはなし
WBCをみたからだったか
なんかとてもつまらなく見えました。


こんな僕でもドーハからサッカーを見続けています。
今日の試合が大変重要であり、
タフであり、選手がそれはもうとても熱い気持ちで
この試合に臨んでいるのもわかります。

必死で勝とうとしているのももちろん。


それでも
僕は試合の途中で寝てしまいました。

W杯は国と国の威信をかけた戦争のはず。

戦争見ながら寝ちゃうんだから
それはただ僕が寝不足だったかもしくは、

・・・やはり試合がつまらなかったのかもしれません。

毎度おなじみのトラップミス、判断ミス、ケアレスミス。
不用意なカウンター。自分のフットサルを見ているよう・・・

でも相手は自分の特徴を前面に出して、
数少ないチャンスでしっかりと僕らをひやひやさせてくる。
しかし日本は、相手を脅かすことが少ない・・・



例えば1対0の試合は
1点入るまではすべてが「過程」に見え、
1点が入ってしまえば、あとは「消化時間」にも見えます。

日本は勝つためなら
「どんなつまらない戦いでもやってやる!」という風に見えました。

今日はそれでよかったのかもしれない。
勝つことが大事だったのだから。

しかし、ホームでバーレーン相手に前半得点どころかたいしたシュートも打てず、
ぎりぎりの勝利に執着していて・・・

本当にW杯のベスト4に残れるのでしょうか?

「ALL FOR 2010」とは
やはりW杯に出るためのものなのでしょうか。

日本人は優秀で、走攻守揃っていて頭がよく、
敏捷性にたけ組織力もある。

それは野球というスポーツで確認済みです。

「ALL FOR 2010」とは
W杯でベスト4になるための標語であって欲しい。

そのためにはもっとリスクを犯してでも
強い相手に勝つための戦い方をして欲しいと思います。

先の見えない戦いに終始していては、W杯は出たところでいつまでも
「参加することに意義がある」なんて感じになりかねません。


「世界と渡り合える可能性の見える」戦いを見せて欲しいのです。

じゃないと多分また寝ちまう・・・
by 123455677 | 2009-03-29 01:46 | 蹴球

No.1278  HALF

・・・えっとですね。

ええ、ええ、なんといいますか、
ええ、山崎先生なんですが、
本日はいろいろと判断に迷っていまして・・・

ええ、ええ、そうなんです。

優柔不断な素顔が出ちゃっているというか・・・

とにかくですね、

d0057589_1184024.jpg

by 123455677 | 2009-03-28 01:15 | 変なの!

No.1277   ここにも元気球

お仕事の関係上なぜか・・・

「しょこたん」のライブにいく事になってしまいました。

私にとっての「しょこたん」とはブログにおける「神」ではあるものの、
それ以外では「個性的で魅力的だなぁ」とはおもっていても
だから何か行動を起こすという事はまったくありません。

しかし今回、なぜかお仕事でいくことになり、
初めて彼女のライブに参加。いやいやいや

凄いな。

と。

もし彼女が「A系に支持されるアイドル」でしかないならば
僕の隣の席がおばあちゃんと小学生ではなかったでしょう。

会場の4割がコスプレ、4割がハッピ、というさすがに異常空間についてはもちろん。
ファンの6割以上が女性という事にも衝撃を受けました。

そして
ライブの完成度が高い事にびっくり。
近年の私はほとんどMr.childrenのライブしかいっていませんが、このライブ、
エンターテイメントとしては十二分に成立しているライブだと思います。

まず彼女、
歌唱力がしっかりしている!
アニソンからロック、しっとり系までしっかりと聴かせる力がある。
ただのアイドルではありません、非凡。

踊れてる!
そんな専門的で激しいムーブメントはありませんが、
上記のさまざまなジャンルにあわせてきっちり動いて見せてくる。
それは十分観客を魅了するレベルでした。


MC力がある!
べしゃりであきさせない。
ファンをのらせるのはもちろんの事。
しゃべりに無駄が少なく、しっかりと笑いを生み出している。
その上で、ファンの声を拾って、広げて
新しい波を作り出している。凄い。

衣装で見せる!
まぁ本人が好きでしょうがないのでしょうが、
ヒラヒラのミニの定番アイドルルックスからコスプレ、
ウエディングドレス、普段着っぽいものまでを
2時間にきっちり使い切るバラエティー感。

独特の世界観を持っている!
「ギザ」「ギガント」を代表とする造語を中心に、
ファンとの身近な距離感で発せられる一言一言が地鳴りを引き起こしていました。

配慮がある!
これはしょこたんの人気の大変大きな部分のひとつなのだと思いますが。
彼女の周りに対する配慮の大きさがライブから見て取れまくり。
きてくれたファンに対するものはもちろんの事。
バンドメンバー、スタッフに対しても
配慮を欠かさないんだろうなという雰囲気があるから、
周囲も心から彼女を支えているんだろうなと思わせる何かがありました。

世界観が出来すぎていて、濃すぎるから
拒絶反応がないわけではなかったですが、

本当に凄いなと。

はい、ブログ以外でもファンになりました。
WBC優勝の内容をブログに書くにあたり、
僕は「日本を元気にする」というポイントに注目していました。
それはうちの社長の口癖でもあり、僕の人生の目標でもあるのですが、
今日は何より彼女が「ファンをめっちゃ元気にしていました。」
「そりゃ、そうだろ、アーティストってそんなもんだろ」

って思われる方も多いと思いますが、

なんというか「しょこたん」のみんなを元気にするパワーは
それはそれはでかかったです。

僕が18歳のとき「広末涼子」さんがデビューして
「20世紀最後にして最大のアイドル」として脚光を浴びたとき、
機会があって間近で見ることが出来たときの衝撃に似たものを感じました。

この人は芸能界を力強く生き残っていくんだ・・・と。

とにかく彼女は凄かった。
不況であえぐ日本に必要な人材の一人です!!

http://blog.excite.co.jp/shokotan
by 123455677 | 2009-03-27 03:24 | 汗をかく者達

No.1276 トリッキープレーの素

昨日は仕事の会議、WBC、会議、会議と続いてフットサルでした。

「俺たちもいい汗かこう」みたいなノリでコートに向かって
2時間の練習試合。

メンバーは丁度10人で素人軍団も数人混ざっているのに、
回を重ねる毎に猛スピードでうまくっていく同僚に目を丸くしていました。

有難いことに
うちの課のメンバーは仕事において
全国でも有数の成果を残すことができていて、
それはもちろん僕の力ではなく、
ボスと同僚の総力の高さによるものなのですが、
そういう力ってのはこういうスポーツにも活きちゃうんだなぁなんて
とにかく感心しきりでした。

そこで今日みんなから言われたこと。

「お前はプレーがトリッキーすぎる。」
「カタがない。」


そうです。
わたしはろくにサッカー経験がありません。

すると教科書は、路上サッカーとかマラドーナとか、中山雅史とか
バッジオとかデルピエロとかジダンです。

つまり、
スタープレーヤーの妙なところのイメージでボールを蹴っているのです。
ドリブルもパスもトラップもシュートもすべてはスタープレーヤーのイメージと
路上サッカーでの経験です。

「ふつーはここだろ!!」
というところになかなか走りこめず、

「今のは戻すところだろ!!」
というところになかなかパスを出せず、

サッカーの暗黙のルールを守れずに、乱し

それでいて
突然最高のラストパスを送れちゃったりします。

要するにタチが悪いようです。


そんなこといわれたもんだから、
前半はもう容赦なくゴールを決めまくっていたのですが、

後半はずーっと味方が喜ぶようなパスばかり出していました。

二人明らかにサッカーがとてもうまい同僚がいて、
その二人をそのトリッキーなプレーで抜いていくのはとても爽快ではありました。

でももっと
仕事同様周りを見回して、チームとして
結果が出競るようなプレーをもっともっと増やしていかねばと反省しています。

本日の成績
1勝1敗1分け
8ゴール7アシスト
2ハットトリック

通算成績
9勝7敗3引き分け
24ゴール32アシスト
3ハットトリック

今年は
去年より試合数が大きく減りそうなので
なかなか数字が出てこない気がします。80ゴールはしたいなぁ・・・。

でも点取ろうとすると取られて負けたりするから気をつけないと・・・

d0057589_1514721.jpg

by 123455677 | 2009-03-26 15:15 | ふっと去る

No.1275 侍連覇 ”元気発信”

3月24日午後14時15分
仕事をするみんなの手が止まる。

社では今後を占う重要な会議。
しかし皆本心ではミーハー心も含んで、
母国の世界一が気になっていた。

第2回WBC決勝戦 韓国vs日本

誰かの号令で会議室のTVがつけられた。

すると図ったように最終回韓国の攻撃
新守護神ダルビッシュが見事打たれて同点とされてしまう。

するとつけて3分ももたず会議室のTVが消された・・・。



時は少しさかのぼって、
5回の表だったか
無死1,3塁の日本のチャンスで
今回4番に座った城島のフルスイングがまるで当たらない。三振。
5番小笠原のフルスイングも空を切る。
最後は三振の末、スチールした1塁ランナー青木が2塁
オーバーランで刺されてしまう。
このときの日本人の落胆と韓国人のしてやったり感は
ハンパがなかったように思えた。


だからこそここで流れが大きく韓国に傾く。


サッカーもそうだが、野球というスポーツも
おおよそ流れというものが支配するスポーツだと痛切に感じた瞬間だった。

だから次の韓国の攻撃で相手選手にレフト前にヒットを打たれた時、
内川がその球をワンバンながら電光石火で伊達君子のライジングショットバリに捌き
2塁にノーモーションで投げた球で打った走者を間一髪でアウトにした瞬間
武者震いがした。

流れを取り返した!!

※伊達君子のライジングショットとは、
  テニスに於ける球がバウンドした瞬間を叩く超攻撃型スイング

日本の選手は昨日も書いたが、
走攻守揃っているのは大前提で、
頭がよく、野球を知っていて、それを体現できる選手が揃っている。

だから試合が韓国サイドに傾いた時、
どういうプレーをすることで傾いた流れを取り戻せるか
多くの選手が知っていて、今回ならそれを内川がやってのけたのだ。
武者震いがとまらない。日本強し。


時は再び戻って、10回の表。
皆さんもご存知のとおり、神の子イチローが
最高のクライマックスを演出してくれました。

今大会はイチローのための大会のようにすら感じる。

実力的に抜けていたのは韓国と日本
しかし韓国にはイチローがいなかった。
日本の優勝のポイントがそこにあったのではないかと思わせてしまうようなフィナーレでした。


2大会連続MVPを取った松坂がインタビューで「岩隈君に悪い」といっていたのも
すごく共感できました。
※勝手に僕は世界一のピッチャーだと思っています。
d0057589_14465523.jpg



3年後これらまだ3人が全盛期としていけるなら、
早い話ですが、3連覇はいけるとか考えてしまう自分がいます。

松井、松井稼、上原、川上、黒田、岩瀬、岸、中村(おかわり)
出たくても出れなかった力を持った沢山の侍たちが次こそはと狙っているはず。

原監督には2連覇本当に感謝したいし、本当にすばらしい采配をしてくれたと思います。

とっちらかった文章もこれで最後にしますが、
日本の選手たちがたびたび口にした、

「日本を元気にしたかった。」
という言葉。

頂きました。

確実に元気、頂きました。
自分も彼らの1ミクロンほどでもいいから
周りの人を元気にできるよう頑張りたいと思いました。

d0057589_1450414.jpg

by 123455677 | 2009-03-25 00:43 | 汗をかく者達

No.1274  WBC決勝の妄想

ファンの特権といえば妄想予想!!

WBC決勝が始まる前に、勝手に盛り上がっちゃいます。

自分の理想のオーダーは以下のとおり。

1番ライト      イチロー
2番ショート     中島
3番レフト      青木
4番ファースト   小笠原
5番指名打者   内川
6番センター    福留
7番キャッチャー 城島
8番セカンド    岩村   
9番サード     川崎

先発ピッチャー 岩隈(5回まで)
中継ぎ      杉内(7回まで)
~抑え      渡辺俊介(ラストまで)

藤川を使わずに勝って欲しい!
この3人で充分に勝てると思うのです。
もちろん打たれねばの話ですが、
彼らが持ち前の力を発揮してくれさえすれば、
おのずと道は開けると思います。

さあ、あと数時間
頑張れ!侍ジャパン!
by 123455677 | 2009-03-24 01:37 | 汗をかく者達

No.1273   かっこいいなぁ侍ジャパン

いやぁ、WBC準決勝対アメリカ戦。

興奮しましたね。
改めて

日本強い!

って感じることが出来ました。

同僚が大会前に、
「この大会、実力的に日本と韓国が抜けている。
もう決勝は決まっている、五回やんだよ」
っていっていたのが現実となっちゃいました!

この宿命の日韓戦いについては次の機会に譲るとして、
アメリカ戦アツかった。

最近の日本の戦いはいつも総力戦。
「メンバーみんなで勝ち取った」
といった感覚がみていてとても大きかったですね。

大黒柱松坂投入
・・・も、いつもの立ち上がりの悪さが顔を出しての相手先制弾を食らう。

しかし相手先発を攻略するために巧みだった二人の左バッター稲葉、小笠原が即対抗。

更に点を取られても、岩村、福留らが集中打で一挙5点。

安定した杉内のピッチング。

ジーターをきっちり抑えたまーくん。

2点取られたものの続くピンチを自分の手で抑えた馬原。

その裏、四球ででた福留を俊足片岡に変えながらも
盗塁失敗で流れを失うことを回避するために、片岡に我慢させつつ
バッターにバントを徹底させた原監督とそれにこたえる本日犠打キングの城島

そしてこの咽喉から手が出るほど欲しい追加点の場面では
初のスタメンに燃え、猛打賞で流れを生むは、点に繋がる盗塁はするは、
と当たりまくっていたムードメーカー川崎が相手のエラーを呼ぶ打撃で追加点

すると本日沈黙していたイチローのバットまで火を噴き、もう一点。

そして、満塁を打たれても追いつかせない5点差へのヒットを放つ中島。

そして抑えで登場したのが、前回敗戦処理だったダルビッシュ有。

きっちり無得点で締め、終わってみれば9対4の大勝で
少し前まで「勝てっこないはずだった相手」にですよ
日本は実力で勝利しちゃいましたね。

改めて日本の野球選手ってかっこいいなぁっておもっちゃいました。

青木も栗原も決勝ではやってくれると期待しています。
あとやっぱり今超旬の内川が見たいなぁ・・・
(怪我が多い選手だけに怪我する前に最高の活躍を!!)



でもって
よく「走・攻・守揃ってる」とかいうじゃないですか。
日本は本当にそういう選手が揃っていて・・・
でもなんかそれだけではない気がして、
野球をよく知っていて、チームプレーに徹することができる
そんな選手を多く選出した上で適材適所で使い続けている原監督ってのは、

発言はへんてこりんなのが多いですけど
マジすげーなと・・・

強く感じました。
原監督を批判する方も多いですが、
僕は原監督じゃなかったら、なかなか好成績とはいかなかったんじゃないかと思ったりします。

采配力のある監督さんなんだなぁと思います。
まぁ西武ファンとして「渡辺監督のほうが上だい!」っておもってたりしますが。

とにかく明日の韓国戦
今まで散々やられた韓国にきっちり勝って終わって
連覇
の報告待っています!!

西武ファンとして松坂は大好きですが、
個人的には今、世界一すげーピッチャーは岩隈だと思っています。
その多彩な球種でコリアンパワー封じ込めちゃってください!!!
by 123455677 | 2009-03-23 15:00 | 汗をかく者達

No.1272 楽しくなくちゃ学問ぢゃないやい!!

ひゃっほい。

d0057589_14594066.jpg

by 123455677 | 2009-03-22 14:57 | つれづれ