<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1344 何を奮うか

何故人が暴力を振るうのか?

その最大の理由は、「語彙力のなさ」にあるようです。

ゆえに一番暴力を振るうのは赤ちゃんだ、という説もあります。

自分の痛みや辛さを言葉で伝えたい!でも伝えられない、でも伝えたい!だから手がでるのだそうです。

女性は男性以上に言葉を巧みに操ります。

長い歴史の中で家庭を守り続けてきた女性は語彙力が強化され、暴力を振るう必要がなく、筋力が衰えたという説もあります。

女性自体が弱いわけではないようなのです。

先輩に恋して自分を磨く女子高生と、三人くらい生んで家族を守るかあちゃんでは腕の太さが違うのでしょう。
みんな必要に応じて、力をつけます。

なんにせよ、人間にとって言葉が大切なことは間違いないようです、特にありがとうとごめんは。

最悪言葉に出来なかったとしてもこの二つに関しては明確に態度で現したいものですね。
by 123455677 | 2009-05-31 03:25 | しそぉー

No.1343  何も浮かばなくても

何も思い浮かばない日もあります。

そんな日もあって今日があります。

でも限界を超えよう、超えようとし続けていれば、
何か思い浮かんできます。

僕はちょっと前までの口癖で、
「このままじゃ駄目だ。」
という言葉を4,5年繰り返してきました。

そして、その言葉を口にしている間は、
駄目のままでした、

しかし、今はその口癖がなくなり、
駄目を突破しようとしています。

まだまだ駄目が一杯ありますが、
時々手ごたえを感じながらの毎日を送っています。
成長を感じながらの日々は
ネガティブな口癖を吹き飛ばしてくれました。

やっぱりやり続けることは本当に価値のあることだとおもいます。
by 123455677 | 2009-05-30 02:51 | ひすとりー

No.1342 ドレミのウタ

「ねぇねぇおじいちゃん。パパとママはどこにいっちゃったの?」

「・・・二人は遠い遠いお空にいっちゃったんだよ。」

「空のどこにいっちゃったの?」

「お空のそのまたお空にいっちゃったんだよ。」


「?・・・!おじいちゃん。それ知ってる。それってシ?


「?!」

「幼稚園のセンセーがいってたよ。おソラの上はシだって。」

「・・・」

「ねぇおじいちゃん、シってな~に?」

「・・・」

「あたしもシに行きたい!」

「・・・おばあちゃんもシにいるんだ・・・」

「・・・そうなの?」

「ああ、おじいちゃんもシに行きたいときはあるよ。
でもね、ユキちゃん。おじいちゃんもユキちゃんも
今はお空の下で精一杯いきていかなくっちゃいけないんだよ。」

「ふーーん・・・でもあたし、しってるよ。ソラの下はファっていうんでしょ!!」

「そうだね、ファだね。」

「センセー言ってたよ。楽しい時はファッファッファッって笑うんだって。」

「無理やりだなぁ・・・」

「ファッファッファッ」

「・・・」

「ファッファッファッ」

「・・・」

「あれ?おじいちゃん?」

「・・・ファッファッファッ」

「?・・・ファッファッファッ」

「ファッファッファッ」

「ファッファッファッ」

「ユキちゃん、ファはね、ファイトのファなんだよ。」

「なに?ファイトって」

「頑張って、生きていこう。って意味だよ。」

「うん!」
by 123455677 | 2009-05-29 01:08 | すとーりー

No.1341  よーくかんがえよー♪

自分の友人にとって胸張って
紹介できるような友人でありたい。
そんなことをふと思った。

・・・そっか、アホじゃ駄目か・・・。

頑張らないと・・・。

アー混乱する。

d0057589_2375394.jpg

by 123455677 | 2009-05-28 02:38 | ひすとりー

No.1340  鼻くそをほじろうとしてほじれない。

こんばんは、りょうです。
こんなブログですが、おかげさまで
多くの方に見ていただき、支えられています。

いいですか皆さん。
だまされてはいけません!
ringさんやasaさんから
有難い言葉を頂いけたりしている僕ですが、
一言で言えば、
アホ
です。

最近ちょいちょい、
誤解される方が増えていますが、
わたしはどうしようもないほど
アホ
です。


私はよく、配慮のなさから
多くの方を傷つけます。

私はよく、知識のなさから
多くの方を呆れさせます。

私はよく、常識のなさから
多くの方を困らせます。

私は、30年間住んだ実家から自転車で隣町まで行こうとして
気がついたら自宅の前に迷い込んで戻ってきた
アホ
です。

私は、コンビニのレジで女性誌を持ってきた方に
「あたためますか」と聞いてしまう
アホ
です。

もしこれを僕をよく知る友人が読んでいたら
「いわれるまでもねーよ。あほ!
 てか最初から誤解なんかしてねーよ、妄想野郎。」

と想っていることでしょう(えーんえーん)

いいですか。
皆さん、でもアホってのは幸せなんです。

小さなことで幸せを感じてしまうんです。

自分がもし辛いとか、不幸だとか、人生辞めたいと想ったら、
3の倍数の時だけで構いません。
アホになってみてください!

きっと悩んでいることがばかばかしく思えますよ!!
by 123455677 | 2009-05-27 01:58 | 仲間。

No.1339  友人の手

お金がしんどそうな後輩を飲みの誘いから逃がし、
慣れぬことに苦しむ友人にグッドアイデアを渡すことができた。

今日は本当に素敵な一日だ。

しかし何より素敵だったのは、
大切な友人と仲直りできたことだ。

俺は友人を傷つけるような真似をしてしまった。
彼がどう思っていようが、
自分に配慮が足りなかったのは自明の理だった。

しばらく一人で苦しんだ。
今日、勇気を出して、
電話で謝った。

彼は
「はっはっは、そうだったのか。
 知らなかったよ。」

と笑い飛ばした。

彼が知っていたか知らなかったかはぼくにはわからないでも。

僕は彼に救われた。
それは間違ってはいなかった。

久しぶりに心が激しく揺れた。

友達に救われた・・・。

自分がいかに駄目なやつかを思い知り、
友人がいかに大切であるかを思い知らされた。

居場所・・・失わなかった。
恐ろしいほど、救われた感覚があふれた。

「素敵」という表現は適切ではないかもしれない。
でも僕にとっては本当に有難い一日になった。

自分の友人にとって胸張って
紹介できるような友人でありたい。
そんなことをふと思った。

頑張って生きていこうとかおもった。
by 123455677 | 2009-05-26 02:33 | 仲間。

No.1338 つうづるさがし

d0057589_22163934.jpg

上京10年目の知り合いがこんな本を読んでいました。
by 123455677 | 2009-05-25 22:16 | つれづれ

No.1337 捨てゴマG

d0057589_115636.jpg

私はお手洗いに行ってくる。

お前はそこで待っていなさい。


盗まれたらすまぬ。
by 123455677 | 2009-05-24 01:15 | 変なの!

No.1336 我慢の太陽

ある仕事仲間からこんなことを言われました。

「社長も平社員も同等の立場になれるときがある。
それは、社長の想いと平社員の想いが同じレベルに昇華した場合だ。」

「その時、社長は素直にその平社員をリスペクトするだろう。」

とも。


素直に深くうなずきました。


今日はちょっと組織やチームの成長について話させてください。


僕らはみんな立場も想いも違ったりして生きていますよね。
でもどこかで同じ方向を向いていたりもします。

特に、組織だったり、チームだったり
みんなで何かを取り組もうと思ったとき
その組織やチームのメンバーが真の仲間になる瞬間というのは、
想いが同じレベルに到達した時だと思います。

例えば、
集団の誰かが、危機感を抱いて緊急ミーティングを開催したとして、
その時にみんなの想いがばらばらだったり違うレベルだったりするのは
ふつうですよね。だから開催されたわけで、

そこで忌憚なく意見をぶつけ合って
初めて、互いが互いの思いの強さを知って・・・

僕はそんな過程を欲する集団をいくつか抱えていますが、
そこに踏み出し、意識の違いすぎる人たちに
それぞれの想いを知ってもらって同じことをやっていこう、なんてことをやっています。

その時、自分はそのミーティングに入れません。
立場上。

自分としては熱い想いをもっているだけに
「入ってはいけない」環境が続くととても歯がゆかったりしますが、
外から黙ってその光景を見ているという忍耐も僕には必要だし、
組織にも必要なので我慢してそのすべてを見ていようと思います。

タネをまき、水をやり、いざ芽が出たとき、

遠くから太陽のようにあたたかくただ見守る。
「字ずら」にすると簡単ですが、実際はそう簡単じゃない!

雨の日も、風の日もとってもおおいから、
太陽さんは雲の中でじっと我慢。

チームってそうやって強くなっていくんですね。

時々タバコでも吸ってやりたくなります(吸ったことありません。)

『うまく表現されていない』
想いがあちらこちらに転がっています。
それを一つ一つ丁寧に拾い集めて、
大空に開放できたらいいな。

なんてふと思います。
by 123455677 | 2009-05-23 11:22 | しそぉー

No.1335  朝日は昇らない。

死を意識し、見つめ、正面から向き合うと人は輝く

と聞いたことがあります。
自分が生きていることを有難いと思えるようになり、
やがて来る最後の時まで精一杯自分の命の炎を燃やそうと
意識するのだと思います。

何事にも最後が訪れますよね。

時々
それでもまた朝日は昇る。

という言葉を聴きますが、
最後の人の頭上には朝日は昇らないことを僕は忘れていました。

物事の多くは有限である。
という原理原則を忘れて行動すると痛い目に遭いますよね。

たとえばわかりやすいのが
「期限」

翌朝の太陽は期限切れを意味しています。

「今しかないんだ。」

という想いをどれだけ深くもって戦えるか。
今僕らがぶつかっている壁だったりします。
by 123455677 | 2009-05-22 11:01 | しそぉー