<   2009年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1365   短睡眠気にならぬ楽しいひと時

短睡眠のまま、会社のレクで長野県白馬へ。

前回のレクではキャニオニングという
川を歩く。

というのをやりましたが、
今回はラフティング
ボートで川くだりです。

まったく武闘派なレクです。
女性もいるのに・・・。

でも結局メチャメチャ楽しかったです、
ラフティング。

まぁ
キャラだから仕方ありませんが、
誰よりも川に落とされました。

5m位の崖から今回も落ちました。
普通じゃ面白くないので、
頭から落ちてみました。

でもあんまりおもしろくなかったので、
いつか仏像の格好で墜ちてみようなどとたくらんでいます。
きっとケツがサルります。

しかし、
不思議とあんまり眠くなかったです。
人間楽しいことをするのに限りますね。
今日は本当にそんなことを痛感していました。
by 123455677 | 2009-06-20 01:31 | 仲間。

No.1364   はーしゅぽしゅぽ

5日間のトータル睡眠時間が10時間と
最強に
ヤバかったです
この週・・・



午前中から動いているにもかかわらず、
一週間の内5回
朝日に出くわしました。

はーしゅぽしゅぽ。

はーしゅぽしゅぽ。

・・・?
これ誰のギャグだったっけ?
by 123455677 | 2009-06-19 01:28 | ひすとりー

No.1363   ふっと・・・ぶ

多忙の合間を縫って、サルりました。

小田急線の多摩センターのほうのはるひ野という駅前の体育館で。
人数が足りないと聞いていたのですが、
前の時間やっていた大学生をとっ捕まえて、
「あと2時間俺たちとやりませんか?」って。

まぁ若いとあって動く動く。
テクニシャンぞろいで
というか一番驚いたのが、

当たり負けしたこと。

僕の体重は57kgと決して重くはありません。
むしろ軽い。

だからか無理な体勢からシュートを放つと必ずといっていいほど
コケます。

しかし、
これでも空手を3年はやった身です。
相手とのぶつかりあいではそう簡単には負けません。

しかしこの日、大学生に吹き飛ばされました。
明らかに体躯のしっかりした青年で、
明らかに吹き飛ばしてきました。

吹っ飛んだ自分にがっかり・・・。

なんか猛烈にムカついて
全力で点を取りました。

息絶え絶えで、
でいつもの流血です。

本日の成績
2勝2敗3引き分け
5ゴール3アシスト

通算成績
13勝14敗9引き分け
34ゴール41アシスト
3ハットトリック

前回書いたとおり、
短めのパスを散らすと、
ゴールとアシストがしやすくなりました!!
by 123455677 | 2009-06-18 01:20 | ふっと去る

No.1362  さぼってんな・・・

d0057589_118492.jpg


・・・!!
by 123455677 | 2009-06-17 01:18 | 変なの!

No.1361   ヘビードリンカー

一日のコーヒー摂取量が
缶コーヒーにして
10杯
を超えました。

禁コーヒーを1年貫いてからもう1年が経ちますが、
もとどーり
by 123455677 | 2009-06-16 16:24 | ひすとりー

No.1360  ゆとり製造難航

ゆとりというものを生み出すことに長けていません。

d0057589_1623079.jpg
ご覧のとおり。

今時分が持っていないものを手に入れる
という経験が最近少ない気がしています。

頑張ろうと思います。

みんなで戦いたいと思います。
みんなに攻められてる暇はありません。
by 123455677 | 2009-06-15 16:20 | つれづれ

No.1359   来賓を幸せにする披露宴

友人の結婚式に出ました。
いやぁ来賓含めて主賓も美男美女ぞろい。
新郎も新婦も一部上場の超優良企業に勤めているとあって、
何つーか聡明そうな顔立ちがおおくてそれもびっくり。

四六時中仕事ばっかりの自分にとって
目の覚めるような披露宴でした。
それでいて笑いが絶えず、
本当に素敵な結婚式でした。

幸せになれよ!!


そんな彼ですが、
まったく・・・
僕もあなたの「ファーストインプレッション嫌いリスト」に入っていたのかな?
新郎は出会った最初の友人の印象ですぐ人を「嫌い」になると聞きました。
そして、付き合っていく内に、「なんだこいついいやつじゃん」となるそうです・・・。

オーストラリアンフットボール日本代表の彼は
交友関係も広く常に笑っているような笑顔の似合う男。

180cmの長身から笑顔を振りまき、
人から嫌われる姿を見たことがありません。
なのに畜生、すぐ人を嫌いになりやがって、
好きになってもらうまで大変じゃねーか!

今でこそ披露宴に呼んでもらえるような仲になりましたが、
みんなのコミュニティーに俺は全然顔を出せてなかったですよね、
大学時代から。

いっつも芝居芝居の毎日で、
ドタキャンばっかりしていた気がします。

それでもそんな俺を見放さずに
いろいろ連れまわしてくれてありがとう。
あなたたちのような人に支えられて、
私は今日も何とか生きております。

みんなが誘ってくれるのに
いっつも欠席ばっかりの自分が
この披露宴ですごく嫌になったりはしました。

みんなが
笑顔で友人知人知らない人の垣根を越えて、
笑顔を交えてお話しする姿を後ろから見ていて、
自分の毎日がとてもとても小さく見えました。

知らず知らずの内に
人見知りが加速して、
「やさしさ」の言葉すら「えげつなく」感じるようになり、
口がうまく回らなくなっている自分に時々気がつきます。

人は「やらしい」存在ばかりではないのに、
なにか「グレー」な部分ばかりが目に付いて
コミュニケーションの一歩がでなくなっちゃっているのです。
そうか、
僕もあなたと一緒で「ファーストインプレッション嫌いリスト」つくっちゃっているのかも
しれないね。

みんなの屈託のない笑顔と俺の引きつった笑顔の間にあるものが
少しわかって、だからすこし柔らかい笑顔が出せて、
本当に素敵な一日を過ごせました。

改めて、
新郎新婦末永くお幸せに!
来賓を幸せにする最高の披露宴をありがとう!
by 123455677 | 2009-06-14 03:17 | 仲間。

No.1358 与えられし理由

僕は身長が大きくありません。
170cmありません。

しかしやたらと掌がでかいんです。

今まで、掌を合わせてでかさで負けた事がありません。バスケットボールプレーヤーとやったらチンチンにされそうですが…


今の仕事の立場に立って1年。やっとプロとしての結果を出すことが出来ました。これまた多くの方に支えられての事です。

そしてやっとわかったんです。
この無駄にでかい掌の使い方。

それは感謝を表して、併せる事なんだとおもいます。

フットサルのピッチで、ボーリングのレーンで、繰り返してきたハイタッチ。そこに最大のヒントがありました。

ようやくこの掌のでかさの理由が解りました。

きっとすべての物事、事象には理由があると思います。

もしくは自分の生き方とリンクした時かけがえのない発見をするのだとおもいます。

夢や目標、信念やプライドが多くの人々にとって価値のある形で描かれるのであれば、我々はどんなに報われないと思える毎日をも乗り越えていける。

必ずあなたにとって大切な誰かがそれを教えてくれる日が来るのだと思います。
私は今回一年かかりましたが報われました。

皆さんの想いも結実することを願います。口角をあげていきましょう。
by 123455677 | 2009-06-13 13:13 | しそぉー

No.1357 楽しいことに気がつかず

ああ
カタール戦
見忘れた!
(ガーン)


なんか、新聞読んだら、
すごいけなされようですね。

どんな試合をしたのだろう・・・。

そしてオーストラリア戦どう修正してくるのだろう・・・

なんかちょっと楽しみです。
by 123455677 | 2009-06-12 14:43 | 蹴球

No.1356 かがやいていきてこそ

【フーテン】
ふう‐てん【瘋癲】

通常の社会生活からはみ出して、ぶらぶらと日を送っている人の事。
風来坊・吟遊詩人?


僕は最近上記の人たちがなぜ生きていられるのか
わからなくなり始めました。

以前は、
「ああ、みんなから愛されて、そして愛を持って返してそしておまんまにありつくのだろうな」
とテキトーに思っていたのですが、

自分がこんなスタイルで働いている内に、
「それで本当に大丈夫なのか?」
「飯くえるのか?」と思うようになりました。
こういう疑問を今やっと持つということ自体が遅いと思いますが・・・


以前も書きましたが、

私の父はほかの一般の社会人と比べて
特筆して労働時間が短かったのです。

実家に住んでいた頃、家で見かけると、

庭いじり
釣り
掃除
カレー作り
家庭菜園
パズル
洗濯
テニス
パスタ作り
飲み
ラグビー
高校野球
競馬
魚捌き
麻雀

登山計画
世界旅行計画


いっつもやっていることが違います。
これらはウィークデー日中の行事です。

それでも父は
人並みくらいの収入を最低限度の労働で稼いで一家を養っていました。
まぁ母がパートで支えていましたが・・・。

うちは決して金持ちであったわけではありません。
借地・借家はあるものの、
毎月賃料を払い、3日で5回は同じおかずが食卓に並ぶような家庭です。
たしかに母が必死に働いてくれたおかげで、
「超ビンボー」と言う感覚はなかったのかもしれません。

ただ事あるごとに、
節約・同じもの・着まわし・食べまわしなどのキーワードが
あちこちに氾濫していました。

それでも父は自由に生きていたのだと思います。

何度も書きましたが
僕は思っていました。
きっと大人になったらあんなパラダイスなんだろうなぁ・・・と。

違いました!(どーん)


フーテンもきっと必死に生きているのだと思います。
そしてきっと必死に生きていない人も世の中にはたくさんいるでしょう。
そんな中で、自分はどんな形であれ、・・・やはり
必死に生きようと思います。

必死に生きると、
人間関係も輝くし、ある程度だったらお金も入ります。
そして、考えたり、動いたりがとても充実したものとなり、
たくさんの「ホンモノ」と出会えるからです。
感謝する気持ちや謝る気持ちを忘れないようにしなければなりませんが、
必死に生きると素敵なことが多い。
最近はふとそんなことを思います。


例えどんな過去の栄光があっても
頑張らないと捨てられてしまいます。
d0057589_14314721.jpg

by 123455677 | 2009-06-11 14:07 | しそぉー