<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1863   ひさしぶりまじ旨ラーメン

意外とこう・・・

沢山書いていいですよ。
と広げられると何をかいていいのか迷うものですよね。

今日は一つ美味しいラーメン屋さんを紹介します。

それは「蔵蔵(「ざざ」と読む)」です。

味噌ラーメンを基調にしたラーメン屋さんですが、
僕はそこのつけ麺にハマりました。
人生で10本の指には確実に入りました。

是非、インターネットで調べてみてください。

でもって
未だに浦和の赤百歩ラーメンのように通いつめる
ラーメン屋は見つかっていません。
寂しい・・・。
by 123455677 | 2010-10-31 18:53 | らー麺道

No.1862  カルチャーショック

ねぇ今日寒くないですか?

と聴くと10中89こう言われる。

「今日は暖かい方だよ。」

こんばんは、りょうです。

寒いです。

ところ変われば何とやらとか言いますが、
とにかく寒いです。

早く慣れたい。
ここへ来て、もう2ヶ月半が経ちます。
そろそろ慣れたい・・・所なんですが、
そろそろ冬本番です・・・
by 123455677 | 2010-10-30 18:42 | つれづれ

No.1861  ひっそり再開(何度目だ?)

ごめんなさい。
そうです。

数人の知人から
「早く更新しろよ」
という暖かくも厳しい意見を頂戴しました。

パソコンが修理から戻ってまいりましたので、
ちょろちょろではありますが
再開させたいとおもいます。

嗚呼、現実との開きが1ヶ月以上・・・。
ちょっともがいてみます。
by 123455677 | 2010-10-29 10:32 | 右のNo

No.1860 韓国の港町にあるドラゴンボール

韓国の港町三陟(サムチョク)市の公園には
ドラゴンボールがある。

これは七つ集めるとシェンロンが出てくるかは別として、
実話だ。

なんとも不思議な話だ。
それは写真で見たが
黒かった。
by 123455677 | 2010-10-28 00:41 | DRAGON BALL

No.1859  「こってり」を頼んで、味うすっ。

ビジュアルがメチャメチャおいしそうなラーメン屋に
仲間と一緒にいった。

バカだから俺は麻婆麺を注文すると
みんなの麺がチャッチャ系だと気がついて沈没。

ここ、めっちゃ旨いかもしれない!!
ラーメンショップ系の味なんだなって!

でも後日
僕もこのお店のチャッチャ系を食べて思い知らされた。
味が薄すぎるのだ。

こんな失望も珍しい。

「こってり」を頼んで、味うすっ。

未だに、行きつけの店が見つからない。
by 123455677 | 2010-10-27 00:35 | らー麺道

No.1858  塩

人を構成しているのは塩、水、その他もろもろ。


塩にこだわるというのは人にとって大変重要なこと。
by 123455677 | 2010-10-26 00:27 | しそぉー

No.1857  カーテンかえん

未だにカーテンが買えない・・・


部屋外から丸見え・・・
by 123455677 | 2010-10-25 03:00 | つれづれ

No.1856  AV女優が大河ドラマに出演する時代

あれれ、
大河ドラマに
AV女優が・・・。

時代は本当に自由になったんだね。
これはいいことなんじゃないかな。
by 123455677 | 2010-10-24 02:42 | つれづれ

No.1855  つないだ縁を大切にする男

今日はある友人について書きたい。
彼は男気があり、
面倒見の良い北海道出身の年下の男。
フットサルを気に仲良くなり、
同じチームに在籍、
多くの戦いをともにし、
互いに多くのゴールを奪ってきた。

しかし、歳を追うごとに
俺のほうは、スタミナをみるみるうちに失い
走れなくなり、いつの間にかフィールドから去ってしまった。

ともに優勝したのが大昔のようだ。
彼は本当に友達思いで
僕がつないだ縁の友人を僕以上に大切にしてくれている。

私は、東京を離れ、
そして咲いたままでも離れ、
今は、一人寂しく暮らしている。

にもかかわらず彼はちゃあんと連絡をくれるのだ。

にもかかわらず僕は忙しい事を理由にたいしてリアクションが出来ていない。

この場をお借りしていいたい。

ごめん。
by 123455677 | 2010-10-23 02:31 | 仲間。

No.1854  狂も足他も亜幸手も

継続し続けているとときより面白い事がおきる。

わけの分からないことがおこるときがあるのです。
ある日突然
今まででは想像できないようなことが・・・。

このブログでも、
日記でも
やはりそれはある日突然・・・
そしてたびたび起きる。

それは明らかになんらかの突然変異、
進化のたぐいである。

僕はもしかしたらそのたびにこれを続けているのかもしれない。

といっていいほどの感動的な突然変異が起きる。

次それがいつおきるかは
誰にも分からない。

ただひとつだけいえることは、
続けていかなければそれもおきないという事。
狂も足他も亜幸手も
by 123455677 | 2010-10-22 02:06 | しそぉー