<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.1955  辛いことも多いけど

元気にやっています。

自分の信じた道を
進む。

余計なことは
あんまり考えないで、
信じた道を進む。

朝起きてフルーツをたべて、
シャワー浴びて、歯磨いて、つめ切って、会社行って、早くご飯食べて
帰ってきて、シャワー浴びて、歯磨いて、アイボンして、ブリーズライトつけて、寝る。

もしコレをフツーと呼ぶならば、
僕はフツーを続けたい。

その先に信じた道があるから。

話題にするようなことではないかもしれませんが、
そんなフツーを大切に毎日を過ごしています。
by 123455677 | 2011-01-31 22:37 | 感謝!

No.1954  「祝アジア制覇」と「3つの想い」そして「夢から目標へ」

おめでとう
サッカー日本代表

アジアカップ制覇!

世界一決定戦出場権ゲット!
※コンフェデレーションズカップ



日本全国のサッカーファンが、
いや全国のスポーツファン、
愛国心を強く持つ国民
いろんな方々が興奮し感動したのではないでしょうか。
僕も感動しました。




ちょっと最後に現れたヒーローについて
載せておきます。

李忠成(り ただなり、1985年12月19日 - )
日本のプロサッカー選手。東京都田無市(現・西東京市)出身。ポジションはフォワード。Jリーグのサンフレッチェ広島所属。東京都立田無高等学校卒業。

ルーツ
大韓民国国籍の在日韓国人4世として生まれるが、2007年に日本国籍を取得して帰化した。
通名は大山忠成、韓国語名はイ・チュンソン(이충성、Lee Chung-Sung)であった。

プレースタイル
豊富な運動量でチームのために前線から激しいプレッシングをかけ、機敏な動きと溢れる闘争心でゴールに迫る泥臭いストライカー。
※ウィキペディアより抜粋

韓国の血が日本を優勝に導くきっかけを作る・・・
ドラマですね。

僕は泥臭い選手が基本好きなので、
この選手についてはこのブログでも以前紹介していました。
※「No.1049 惨敗からのスタート」に載せています。
 この記事は今回のアジアカップに通じる内容を載せていますので、興味のある方は是非。



今大会を勝手に僕なりに総括すると
「日本流成立への確かな手ごたえ」と「最高な監督との出会い」と
「プレッシングへの対応のまずさ(球際のモロさ)」
をあげたいと思います。



まず、1点目に関しては、
イビチャ・オシムが繰り返し語っていた「日本化」というものに
かなりの手ごたえを感じることが出来たのではないでしょうか。

僕が感じた手ごたえをここに列挙すると、
・よく走って互いをサポートする
・縦に当てて一瞬のスピードで勝負する動き
・マイナスの低いクロスでの得点パターン
・フりーキックという飛び道具
・チーム全体で戦う姿勢の熟成度
・監督の選手への細やかな配慮(そんな監督との出会い)
・FWはポストプレーヤーを中心に、泥臭く走れるシャドーストラーカーを置くシステム
・MFはチームのリズムを作れるパサーと当たりに強くミドルを狙える二人のボランチ、
 状況を打開できるフりーキッカーと勝負できるセカンドストライカーの攻撃的な2人
・DFはスピードとスタミナ完備、正確なクロスを出せるアウトサイドと
 高さで勝負が出来るストッパーと読みで勝負できるスイーパーのコンビ
・読みの鋭いGK
・精神的支柱となるチームリーダー(ゲームクリエイター=レジスタ)の存在感
・闘将の存在感

1993年
ドーハで散った日本代表はその地
ドーハで確実な進化を遂げました。
その進化はそのルーツを確実に踏襲した上でのそれであったと感じます。

FW高木琢也 三浦知良 中山雅史 武田修宏
MF森保一 ラモス瑠偉 吉田光範 長谷川健太 福田正博 
DF堀池巧 井原正巳 柱谷哲二 勝矢寿延
GK松永成立

その当時を知る方は
思い出してみてください。
よーくイメージが作れると思いませんか?

私たち日本人に合うサッカーは
確実にその血をハイブリット化し
今を作り上げています。

決戦の地まで
因縁の地で血の力を見せ付けてくれました。

僕はドーハでサッカーファンになったひとりです。
こんなに嬉しいことがあるでしょうか。
 
日本人が日本人に適したサッカーを展開して
優勝する。
再び世界に打って出る。

もうこれからの日本代表が楽しみでなりません。



2点目は「日本人に適した監督」です。

僕の大好きな日本代表監督を列挙すると
ハンス・オフト
フィリップ・トルシエ
イビチャ・オシム
アルベルト・ザッケローニ
と僕の知る約半数以上の監督の名前が挙がります。

彼らの共通点は
・選手の操縦が旨い(やり方はおのおの全然違いますけど・・・)
・日本人の長所を最大限生かそうとする(若干一名自分のやり方とマッチしただけの人も・・・)
・サッカーというスポーツが「生き物」であることを知っている。
・選手を成長させる(若干一名、「本当に狙ってんのか?」って人も・・・)
・選手を配慮する(若干一名やり方がハチャメチャでしたけど)
・結果を出す。
点があげられます。

彼らの存在は今の日本のプレースタイルを作りだす時に多大な影響を
与えていると思います。
「勤勉で和を尊び、俊敏性と泥臭さで勝負を諦めない。」
日本人をよく理解した外国人監督たちなのではないでしょうか。

そしてアルベルト・ザッケローニ
アンタ最高っすよ。


【ちょっとした出来事】
決勝戦の後半、
流れがうまくいっていない時間帯でのこと。
DF今野泰幸をアンカーとして中盤に上げるプランももったザック、
しかし今野たちから意見を聞いた上で長友を上げる決断をしたという。
「最初は中盤のラインに入れようと思ったが、今野はずっとセンターバックでやっているし
(本人が)ちょっと(無理)ということだったので長友を前に上げた」
と臨機応変の対応だったことを明かした。



僕はこの監督
「もっている」
と思います。
緻密に計算し、選手を配慮し、相手をリサーチし、
試合を組み立てる。
実際の試合の中で、機能不全をあぶり出し、修正変化を加え、
そこに、最も活躍できる選手を送り込む。

ドレもコレも監督として当たり前の仕事かもしれませんが
その仕事一つ一つにブレがない。見ててわかりやすい。
そして、選手たちがそのメッセージを体言できているから
ちゃんと修正される。だから試合が動き、結果が出る。
そしてこの監督、
コレだけ冷静に業務を遂行するのに、点が入った時のアノ興奮の仕方。

大好きです。

僕、アノ監督のあーいうところって
日本人ウケ凄くいいと思うんですよね。
日本人に愛されると思う。
だからうまくいく。
だから「もってる。」
ハンカチ王子もハニカミ王子も本田もザックも
普段冷静で、めっちゃ結果だして
周囲を抜群に配慮するくせに
興奮する時凄いでしょ。

アレ、愛されますよね。
「もってます」よね、そりゃ。

さすが世界で結果出している監督であり、
日本人に合うとつれてきた日本サッカー協会に
天晴れです。



3点目。
ここで一つ苦言を呈しておきたいと思います。
僕はこのブログで何度かかきましたが。
結局日本は
「弱い」
部分を数多く露呈したと思います。

それは僕には「球際のモロさ」に集約される気がしました。

どうしてもセカンドボールが取れない、
ルーズボールをマイボールに出来ない。
競り合いに勝っても、ボールは奪われる。
冷静さを欠いて、相手に流れを持っていかれる。
流れの中でボールを守りきる能力がまだまだ低い気がします。
それは、中東相手でも、韓国相手でも、オーストラリア相手でも同じでした。
ならばこの後待ち受けている
コッパアメリカやコンフェデレーションズカップでは
目も当てられない状況に追い込まれるでしょう。コッパ微塵です。

だから、
強化委員会にはこの部分にしっかりメスを入れて欲しい。
まずは、Jリーグ各クラブチームには、
ここの強化を図って欲しい。
お願いしたいのはたった一点。

「シュート以外のプレーは基本味方につなぐことを最優先に行う。」

ということです。

代表をみていても、相手のボールを跳ね返す時など、
ただ跳ね返しているだけのプレーの多さが目立ちます。
常に次の動き、仲間の動きを予測して、そこにボールを預ける意識でプレーする。
韓国やオーストラリアが当然そうするのに対して日本は出来ない。
だから、相手のいい位置で仕事をさせまくる。

アジアレベルでそうなのだから
世界戦ではしつこいですがコッパです。

僕はこのことを数年前からずっと言い続けていますが
なかなか改善されません。
しかし、欧州で活躍する幾人かの選手にこの問題に対する
光明が見えているのも確かです。
きっと肌で感じて、修正してきたのでしょう。
ただ、チーム全体として明確な形で意識されている気はしません。
だからこそJリーグでそこに目を向けて欲しいのです。




全体的には確実な成長を感じます。
2010年以降急速に叫ばれ始めた
「個人技の必要性」も体現され、結果を出せる選手が増えています。
1993年ベンチで倒れこむ中山雅史の映像をみてからの18年の歳月、
僕は日本代表を追い続け、確実に成長している姿を・・・
確実に高い壁を壊し続ける日本を見てきました。

最近になって本気で
「あっ日本ってW杯優勝できるかもしれない。」

って思えるようになりました。
それはこの18年間でヨーロッパとの差を確実に埋めてきたからです。
日本人というのは本当に凄いと思います。
経済でも。誇りでも。スポーツでも。勉強でも。
産業でも。芸術でも。アニメでも。アイドルでも。
こんなちっぽけな島国がいつもいつも
世界中をあっと驚かせてくれます。

世界で最も愛されるスポーツ「フットボール(サッカー)」

ボール一つで世界中の人々が会話でき、
ボール一つで戦争を起こし、止める力を持つサッカー。

そんな世界でいつか
日本人が頂点をつかむ夢。

・・・目標

明確に持つことにしました。
これから何年かかるかは知りません。でも、

今まではバカにされ、笑われていた事ですが(今もかな)
ワールドカップ制覇に向け、
頑張れ、日本!


d0057589_22544211.jpg

by 123455677 | 2011-01-30 21:18 | 蹴球

No.1953  目がかゆい

アレルギー持ちですが、
ときより鼻よりも目がやられる時があって・・・
それもけっこうきっついんだよね。
by 123455677 | 2011-01-29 04:57 | つれづれ

No.1952  聴けば解決

日々様々なプレッシャーを感じながら生きていくというのは
普通のことなのだろう。

しかし、
その総量が大きいとどうしても
自分だけ損しているんじゃないだろうかという気持ちになってくる。

しかしやはり、冷静に考えてみると
誰でも同じようなものだったりするのだろう。

考えすぎてもしゃーない。
人の話を聴いていれば、
全ての答えは出てくるだろう。
by 123455677 | 2011-01-28 04:47 | しそぉー

No.1951  最初は逆だったんです

GAGU

少なくともこれだけ入れるのは、
優しさが想いを運んでくるという事。

どんなことであっても、
優しさは人と人を結びつける礎だ。

本当の優しさは
決して湯水のようにあふれ出るものではないから。

だから
それを感じるとき思いは募るんです。
by 123455677 | 2011-01-27 02:26 | 変なの!

No.1950  弱い、そして勝つ。

日本がアジアカップ準決勝
韓国に勝った。

PK戦の末勝った。

僕にとってこの準決勝は
これ以上ないという位理想的な展開となった。

前半先制を許し、しかし
自分たちの戦術どおり闘って相手を翻弄し同点とする。

しかし、後半実力差が徐々に顔を出し、
確実に劣勢にたたされる。

そのまま、試合終了。
延長戦を迎える。

しかししかし、
泥臭くペナルティーエリアに侵入を試みる岡崎が倒されPKで逆転。

しかししかししかし、
試合終了寸前で、執念の韓国に追いつかれる。

しかししかししかししかし
PK戦で勝利をもぎ取る。

つまりです。

日本は弱い。

それを再認識した上で
決勝にこまを進めたわけです。

ねっこれ以上ない結果だと思いませんか。

決勝は十中八九オーストラリアが勝ち進んでくる事でしょう。

たとえウズベキスタンだとしても
両者アジアの新参者。

格下であろうが、格上であろうが、
弱い日本は必死で最後まで闘うべきであって、
やるべきことがとてもクリアになっている。

こういう弱者は最後に強さを発揮する。

慢心が消え、
勝利が残った。

あとは目の前の敵を全力で叩きのめすだけ。

おめでとう日本。
そして日本は甘い!

でも修正して、
優勝するのは俺たちだ!!

世界一決定戦への切符を手に入れろ!
by 123455677 | 2011-01-26 02:21 | 蹴球

No.1949   もっと普通を。

誰か言ってたな。

「人間がんばってりゃいいことある」って。

ばぁちゃんだっけな。

仕事中に一本の電話。

仲間からの励ましの電話。

そこから伝え漏れてくる声が
誰も救い出してくれるはずもない自分を奮い立たせる。

多くの人に支えられ、
多くの人を支え、
ここまできた。

なのに
人は弱いから、ちょっと気を抜くと孤独になっちゃう。
勝手に世界中の不幸を自分で背負い込んじゃう。

全然そんなことないのに。



誰にも打ち明けず一人もがいていると

励ましの電話。

こうやって何回救われただろう。

だから誰かのために闘おうと思えるんだよね、きっと。

一人ではないから。

支えられてるから、支えようとする。
偽善でもなんでもない普通のこと。

もっと普通を。

もっともっと普通を。
by 123455677 | 2011-01-25 02:07 | 仲間。

No.1948   南のほうで同期会

そういえば、東京では
仲間が同期会。

6人ほど集まったという。
行きたかった。

昨年10人集まった温泉旅行
今年はいつも以上に行きたい想いが強い。

知っている人がほとんどいないところで暮らすってのは
想像していたよりも本当に寂しいものですね。
by 123455677 | 2011-01-24 01:08 | 仲間。

No.1947   贈り物

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は探していた 最高のGIFTを
君が喜んだ姿をイメージしながら

『本当の自分』を見つけたいって言うけど
『生まれた意味』を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時
ふと謎が解けるといいな 受け取ってくれるかな

長い間 君に渡したくて
強く握り締めていたから
もうグシャグシャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど

「白か黒で答えろ」という
難題をつきつけられ
ぶち当たった壁の前で
僕らはまた迷っている 迷っているけど
白と黒のその間に
無限の色が広がっている
君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら
ほら 一番きれいな色
今 君に贈るよ

地平線の先に辿り着いても
新しい地平線が広がるだけ
「もうやめにしようか?」自分の胸に聞くと
「まだ歩き続けたい」と返事が聞こえたよ。

知らぬ間に増えていった荷物も
まだなんとか背負っていけるから
君の分までも持つよ だからそばにいてよ
それだけで心は軽くなる

果てしない旅路の果てに
『選ばれる者』とは誰?
たとえ僕じゃなくたって
それでもまた走っていく 走っていくよ
降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
そのすべてが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ

今 君に贈るよ 気に入るかなぁ? 受け取ってよ
君とだから探せたよ 僕のほうこそありがとう

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で
ほら ひかってるんだよ
ひかり続けんだよ
by 123455677 | 2011-01-23 05:21 | Mr.CHILDREN

No.1946   えこひーき

日本、開催国カタール撃破。

見ていました。
久しぶりに最高に興奮する試合でしたね。

成長を感じ、自信を深め、そして試合に勝つ。

僕的には
もっとも望む形で勝てた試合でした。

いつもこういう試合は、アジア杯が多い。

明らかに不利なジャッジ。
それに対しての精神力、冷静さ、組織力、そして決定力。

全ての成長を、自信を、勝利を見せてくれた日本代表に
めっちゃ感謝です。

ファンとして、こんな最高な試合はない。

しかし
アジアの強豪国として
ここからが本当の本番ですよね。
もし韓国が勝ちあがってくれば
お互いアウェー同士。

笛のせいには出来なくなります。
ここで具のいる韓国を叩ければ、
自信は確信に変わるでしょう。

優勝国に待っている
コンフェデレーションズカップ出場権の有無は
4年間の強化で本当に大きな経験の差を生むでしょう。

それを考えても
狙うは優勝以外にないですよね。

日本の10番香川の覚醒には震え上がりましたが、
やはり3得点全点に絡んだ岡崎を私はえこひいきします。

ザッケローニは
香川、長友、内田が今後の日本の生命線だといいました。

僕は、もちろんだとおもいつつ、
岡崎、本田が必ずや日本を救うと信じています。

チームに安定を与える遠藤、川島
中盤でチームにパワーを吹き込む長谷部
トップでいろんな意味で柱となる前田
急速に存在感を増す吉田
隠し味が利いている今野

次から次へ交代で出てくるサブメンバー。
虎視眈々と復活を狙う
阿部、闘莉王、中澤、川口、森本等の復活にも期待。

なんかとても
ミーハー気分が爆発しますが
それだけにわかサッカーファンも帰ってくることでしょう。
今の日本代表には見るものを惹きつけるものがある。

是非メディアには騒ぎ立ててもらって、
本当に強く成長しつつある日本代表を一人でも
多くの人に見てもらいたいと思います。

そして、
是非是非優勝を奪い取ってほしい。
強く思います。

がんばれ岡崎(あくまでえこひーき)
by 123455677 | 2011-01-22 04:59 | 蹴球