<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

No.2016  始まりへ向かって

本日は2010年度最後の日。
僕の頭はガンガン割れるように痛く、
布団に突っ伏している。

知らない土地で寂しく一人で
病に倒れるのは想像していたよりも
切なく、悲しい。

そばに誰かがいてくれることの重みを痛感します。

それでも泣き言ばかり言ってもいられない、
明日もあさっても仕事だ。

2011年度の始まりだ。

エイプリルフール。

嘘でもいい、
素敵なことが起きて欲しいと切に願って床に付きます。
by 123455677 | 2011-03-31 23:34 | 2011年3月11日を忘れない

No.2015 表現活動

こんばんは。
4月1日から3日まで
原宿のデザインフェスタギャラリーというところで
ショートムービーに出させていただくことになりました。

ゼリーマンというショートショートに出させていただいております。
お時間がありましたら是非お立ち寄りください。

http://www.designfestagallery.com/form_jp/gallery/exhibitors/detail.php?id=Y000016471&y=2011&m=04&d=1

ちなみに、フェイスブックやっている方、
一緒にやりましょう。
お待ちしております。

忙しい中でも出来る限り様々な表現活動を続け、
それが被災地に元気を分けられるカタチに昇華できたらと思っています。
by 123455677 | 2011-03-31 21:04 | 演劇

No.2014  ABJAPAN

昨日のサッカーの記事でちょっと
気持ちがふわふわして
妄想イレブンやってしまいました。

今回のテーマは「AB型」
こんな日本代表結構強くないですか?

      前田
  本田圭    玉田
      柏木

    名波  遠藤

相馬  中澤  服部  加地
      
      楢崎

後ろに落ち着いたパサーを置いて、
前線は走れて、持てて、あてられる選手がずらり、
左から切り崩すことももちろん可能。

ワクワクしませんか?
俺はワクワクが止まりません。
(妄想中)

名波、相馬意外みんな現役なんだよなぁ・・・。
アウトサイドは石川竜でもいいんだよなぁ・・・。
センターバックはダブル中澤(両方AB型)でも面白いなぁ・・・。
by 123455677 | 2011-03-30 19:33 | 蹴球

No.2013  チャリティーマッチの持つ力

いやぁ、チャリティーマッチのカズ凄かったですね。

もう、ため息しか出ませんでした。
持っている人は持っているんだなぁと。
そしてその力が人々に勇気や元気を与えるんだなぁと
カズも好きですが、ゴンのほうが好きな僕としては
ちょっと複雑な思いをかみ締めつつも
その力に全力で脱帽、脱力でした。



試合全体としては
前半は比較的自分が見たい試合が見れたかなぁと思います。
双方ベストメンバーでのガチンコを多少なりとも感じる事が出来ました。
理由としては日本代表はいつものパターンを駆使して攻め上がり、
現有の武器を最大限発揮した二パターンの得点で
前半で勝負を決めてくれたことにあります。

本来、キリンカップで見たかったカタチだったので
それは良かったんではないかなぁと思います。
課題としては、やはりJリーグ選抜相手ということで
寄せをはやくしても、ルーズボールの処理が互いにまだまだ
遅かったのではないかなぁとという点が気になりました。

とはいえ、
決めるべき人が決め、
決めたらみんな喜ぶだろうなという人が決め、
すばらしいチャリティーマッチになったのではないでしょうか。

東北にいた友人が、
すでに向うの子供たちは、校庭でボールを蹴って遊んでいる。
と聞きました。

こんなときほど、スポーツの力は偉大だなぁとおもいます。
うらみとか憎しみではなく、純粋に勝負の醍醐味に酔いしれる。
素晴らしいプレーに溜飲をさげる。
大人も子供も喜び、楽しみ、はてまた悔しがり、声を上げたいのではないでしょうか。

子供たちはスポーツの早期再開に期待していると聞きました。
彼等に未来は必ず明るくなるという事を示す為にも
是非今後のJリーグ、日本代表の開催、盛り上がりに期待します。


                                                                                                                             
by 123455677 | 2011-03-29 17:28 | 蹴球

No.2012  30年のお付き合いとのさようなら

本日2度目の手術をしてきました。

前回が喉、今回は鼻でした。

今回は5000円という大変安い手術プランですが、
前回喉をきっちり直してもらった同じお医者さんなので
安心して任せていました。

麻酔を打ってのレーザー治療でしたが、
これでもか・・・
これでもか
というくらい
痛くて泣きました。

この手術はアレルギー性鼻炎や花粉症を
皮膚を焼いて、反応しなくしてしまう手術なのですが、
術後1ヶ月半までは正常化しないということで
ゆっくりと経過を待たねばなりません、
また術後72時間は花詰まりがひどく
熟睡も出来ません。

その恩恵を未だ感じられずにいますが、
僕がこのブログを使って少しずつ経過を伝えていくつもりです。
もし良好ならば、
喉・鼻両方皆様にお勧めいたします。

さしあたりまして術後1ヶ月が経過した喉は
すこぶる好調です。

明らかに睡眠の質は深くなり、
朝すきっと起きられるようになりました。

会社の合宿で言った鬼怒川温泉でも
私のいびきを気にするものは最後まで現れませんでした。

経過良好です!

しかし、
個人的には
脳に良い影響を与え、
例えば記憶力が伸びたとか
頭の回転が速くなったといった反応を
生み出したいのでまだそこはあまり効果が現れていません。

ただし、術後なぜか仕事の成果は出ているのです・・・。
ありがたいが、手術が原因なのだろうか・・・はわかりません。

この鼻づまりしんどいですが、
はやく30年間のアレルギー性鼻炎とのお付き合いを解消したいですね。
by 123455677 | 2011-03-28 17:06 | ひすとりー

No.2011  想像力がへたれても。

自分が生きていると誰かの力になれる。

そう思えることが自分に力を与えてくれる。
価値観がおかしくなりそうなとき、
この力は大きかった。

本当に無力を感じる毎日の中で、
少しだけでも誰かの力になれることを再認識させてもらうことができた。

最近は本当に
想像力がへたれており、
何を書いてよいのか分からない毎日だが、
ごめんなさい。
許してくださいね。

それでも書き続けようと思います。
きっと皆さんとのコミュニケーションの中で、
自らや環境を見つめなおして、
また、書き続けていくと思います。

想像を超える不幸に遭遇し
テンパった頭でつづれる限界を感じながら
それでも、少しでも力になれるということばを信じて
手を動かし続けたいと思います。

復興へ向けて一歩づつ。
みんなひとりじゃない。
by 123455677 | 2011-03-27 03:04 | 2011年3月11日を忘れない

No.2010  史上最高のチャリティーマッチ

日本代表がJリーグ選抜と試合をするという。

国際Aマッチが出来なくなった代わりの
チャリティーマッチだが、
100年に一度あるかないかの幻のカードが実現する。
一サッカーファンとしてこんな贅沢なカードはない。

元気と勇気にはうってつけだ。

かたや世界中で活躍する日本人を12人も
終結させた現有最強戦力。

かたや今まで日本をW杯まで連れてきた
立役者を多数擁するドリームチーム。

この二つが激突する。

チャリティーマッチだが
全力でのぶつかり合いがみたい。
もう、これでもかというぶつかり合いを。

日本サッカーはW杯優勝を目標に掲げて
活動している。

ならば、日本代表には、
目の前のJリーグ選抜を
完膚なきまでにねじ伏せて欲しい。

逆にJリーグ選抜には
「おめぇらまだあめぇんだよ。
 俺たちのほうが強ぇえ。俺たちを呼べ!」
とどこまでも貪欲に主張して欲しい。

サッカーは素敵なスポーツだと思う。
世界中のサッカーチームが日本のために、
喪章をつけ、黙祷をささげ、日の丸を掲げ、
チームとして祈りをささげてくれる。

そんな暖かい世界中の祈りをうけ
日本は少しでも早く復興し、そのフィールドで
恩返しをして欲しいとファンとして痛切に願う。

そのためにも、
今回のチャリティーマッチでは
お互いが持てる力を出し切って
全力でぶつかってくれる事を祈る。
その力強いパワーがきっと被災地にも
勇気や元気をあたえてくれるのではないだろうか。

この国のサッカーは
経済が如く短期間で
大きく駆け上がったが
このフィールドには伝統とともに
圧倒的先駆者たちが多数いる。

今年世界で活躍する20人以上の日本人サッカー選手は
いやがおうにも注目を浴び、力を十二分に発揮してくれる事だろう。
世界が暖かく祈ってくれた力を浴び、
我々が遠くない未来に世界相手に大活躍する。
それを見た人々は勇気付けられる事だろう。
最高のストーリーに向けて、29日はあつい試合を期待したい。
by 123455677 | 2011-03-26 02:24 | 2011年3月11日を忘れない

No.2009  寒さでいてついか、心、頭、体

環境を変えて6ヶ月
順応した気でいたのは気のせいだったのだろうか。

寒さにまだ全然馴れない。

行動力が落ちている自分にとっても
ショックを食らう。

このままではいけない。
しかし体が反応してくれない。
風邪を引きやすくなり、一人寂しく過ごす中で
さらに体は反応を悪くする。

仕事場と自宅の往復の中で、
震災への対応も含めて、
価値観でふらつく自分がいる。
自分にやれる事をやる。
ただそれだけでいいのかと疑問をぶつけてくる自分がいる。
それだけ多くの価値観が自分の中でぶつかっている。
頭で考えているから、行動が遅くなる。
やっぱりこういうときは信じた道を突っ走る事が重要な気がしてならない。
とにかく進もう。

迷いつつもそう思った。
by 123455677 | 2011-03-25 02:09 | 2011年3月11日を忘れない

No.2008  無力でもっと

少しずつだけど部屋が片付いていく。
もうここへきて6ヶ月にもなるのに
片付いていなかったものがあって、
ようやくそれが片付いた。

あっちゅーまの6ヶ月だったのだとふと思う。

大変充実した、
かけがえのない6ヶ月だったが、
もっともっと充実した、
ゆとりある時間を作っていかなければならないと今は強く思う。
もう30だが、それでも感じる事ができる「成長」ってやつを
今後もっともっと感じながら毎日を過ごさなきゃいけないとふと思う。
日に日に自分に対して強い苛立ちを感じるようになっている。
もっともっと・・・
一歩ずつでもいいからそのスピードを上げたい。
無力なのはもうよく分かった。
だからもっともっと・・・
最近は毎日そんな事を考えています。
by 123455677 | 2011-03-24 02:02 | つれづれ

No.2007  温度差があっても

温度差というものをとても感じる毎日です。

震災を経験した多くの人の
見た光景が全然違う。

当たり前ですが、
テレビに映し出される映像と
実際に目の奥に焼きつく映像では全然違いますよね。
実際に目の奥に焼きつく映像には、たいてい残りの感覚がついてくる。
匂い、響き・・・そのほかいろいろなものがつきまとう。

全ては体に温度としてしみつく。

温度差というのが出てくるのは自然な事だと思います。

しかし、私の住んでいる場所は震災に近からず、遠からずで
だからこそ様々な温度差を感じざるを得ません。

対岸の火事と感じている人、
自分のことのように泣き叫ぶ人、
冷静に事実を見つめている人、
パニックに陥っている人いろいろです。

今回の事、さまざまな友人と話し合いました。
メディアは「不謹慎」をおそれるあまり、
元気や勇気を抑えすぎている感があること。
そして、被災者は元気や勇気も求めている事。
そして
この経験を正しく様々な人に伝えていかねばならない事などを話し合いました。

温度差はしょうがない事だと思います。
ただ、そのなかから
みんなが同じように学ばねばならない事があるなら
それを出来る限り正しい形で伝えていきたいと思っています。
by 123455677 | 2011-03-23 01:42 | 2011年3月11日を忘れない