<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

No.2292  鎮魂歌

今年も終わろうとしていますね。

本当に大変な一年でしたね。
例年より紅白を聴くときの胸の高鳴りがあった気がします。
いろいろ思い出していました。

今年は個人的にも人生で自らがやるべきことを明確化出来た一年であり、
震災の件もあって、その決意ははっきりとした「やっていくべき」理由となりました。

来る12年がすべての人にとっていい年となりますよう
歌は歌えませんが、祈ろうと思います。

そして、
そこに鎮魂の意も込めたいと思います。
12年は、今年以上に3月11日を意識してすごそうと思います。
by 123455677 | 2011-12-31 23:58 | 2011年3月11日を忘れない

No.2291  ドラクエ3クリア!

あれれ?
ゾーマ君。さっきの聞き間違えかな?

と思って、魔王城奥に鎮座しているゾーマ君にもう一度聞いてみました。

するとまた

d0057589_229317.jpg


しつこいし、悪い奴だからやっつけちゃいました。

d0057589_22132276.jpg

by 123455677 | 2011-12-30 22:09 | ファミコン

No.2290  asobo

ゾーマに会いに来ました。

ほの暗い闇のそこからこんにちは。

ゾーマは言いました。

d0057589_2121342.jpg

by 123455677 | 2011-12-29 21:02 | ファミコン

No.2289 盆栽とみかんと光がおんなじ大きさ

d0057589_21561163.jpg


最近盆栽を育てているのですが、
水をあげると、拒否られてか床が水浸しになります。

どうすればいいのでしょうか。
by 123455677 | 2011-12-28 21:56 | つれづれ

No.2288  支えと変化

今年は随分と変化に富んだ一年でした。

「変わらなきゃ」

という思いでずっとやってきて、
口癖だった自分に向かっての

「このままでいいのかよ。」
「いいわけねぇだろ!」


の回数も後半はほとんどなくなりました。

まだまだですが、
プレッシャーを浴びながら
ここまで来られたのはやっぱり周囲の支えがあってのことだと
実感しています。

支えてくれている人たちというのは、
僕の近くに居ない人たちもとても多いのですが、
それでもそんなみんなにちゃんと支えられて生きてこれてよかったと思います。

来年はもっともっと支える側に回れるように
努力していですね。
by 123455677 | 2011-12-27 21:50 | 感謝!

No.2287 2011年サッカー日本代表を思い出す。

2011年のサッカー日本代表。

強かったですね。
本当に強くなりましたね。
なでしこはもう規格外でしたね。

そして男子代表。
今年は精神的支柱の本田が早々と離脱し、
若き侍たちが世界で確実にそれぞれの価値を刻み、
世界チャンピオン、バルセロナが遠藤の重要性・
現代サッカーにおけるボランチの重要性・長短織り交ぜたパスの重要性
を大きく証明してくれた年だったのではないでしょうか。

和を尊び、
それでいて、それぞれの個性を世界で発揮し始めた侍ジャパン。
現役で僕が一番応援している岡崎が今年もきっちり活躍してくれたので
とても嬉しい一年になりました。

そしてチャリティーマッチ
忘れ去られていた(?)ゴン中山が89分ピッチに登場。
もう・・・なんか・・・もう・・・ってかんじです。
こんなんですがちゃんとファンとして喜んでいます。

いろいろあった今年ですが、
来年はW杯最終予選。
どんな戦いを見せてくれるのか今から本当にワクワクします。

d0057589_21502972.jpg

by 123455677 | 2011-12-26 21:40 | 蹴球

No.2286 冬の節電

僕らの企業でも冬の節電が始まっています。

ヒーターを弱める。
いらない電気を消す。

あんまり変わりませんが、冬にできること
いっぱいありますよね。

僕の住む栃木では、寒さもある程度なので、
冷蔵庫から物をだして、ベランダに置いたりしてみています。
by 123455677 | 2011-12-25 21:35 | 2011年3月11日を忘れない

No.2285  クリスマスに改めておもうこと。

クリスマス。

あっという間に仕事で駆け抜けてしまいました。

それでも
家族がいて、住む家があって、仕事があって
幸せだと思えるゆとりがあったのは
よかったとおもいます。

それでも
震災というものは、
時としてこれらすべてを奪い去っていきます。

当たり前と思っていたものを
奪われてしまった悲しみは
自分でもちょっとだけ知っていますが、
計り知れないものですよね。

ワンピースのジンベエの言葉を思い出しました。

「今はつらかろうが、それらを押し殺せ。
 失ったものばかり数えるな。
 ないものはない。
 確認せい。
 お前にまだ残っておるものはなんじゃ!」

主人公のルフィーは残っているものを「仲間」と答えましたね。


世界中の多くの人々の祈りとともに、
絆をもってここまで来た東北ですが、
僕には、その辛さを乗り越えようとする人々の強さ、ここまでの日々
想像できない部分も多々あります。
支えあって乗り越えていく強さ。
この国の人たちの強さってすごい・・・
ふとそんなことを感じました。
by 123455677 | 2011-12-24 21:21 | 2011年3月11日を忘れない

No.2284  逃げ馬のゆとりと仕事の必勝法

仕事はできれば、追われたくない。
追いたい。

そういう思いでやっているうちに気がついた。

「ゆとり」

の大切さ。

僕は、いつも競馬の逃げ馬を連想していました。

僕の好きだった2冠馬、セイウンスカイ。
淀の地に沈んだ最強馬、サイレンススズカ。

彼らの特徴は、2つのエンジンを搭載していることでした。

まず序盤、一つ目のエンジンを使って
逃げる、逃げる、逃げる。
それも必死ではなく、スマートに先頭に立ち、
すーっと先頭を突っ走っていく。

そして、
走っている間に、そのスピードを自分のものにしながら
最後の余力をもう一度貯めてゆく・・・。

最終コーナーを曲がると同時に、
その2つ目のエンジンをふかして、
後続を一気に突き放す。

そして、無人のゴールを一人颯爽と過ぎ去ってゆく。

この流れ、
仕事でも同じ。

追われるようにみせて、
実は自分のペースでゴールを追いかけている。

そんなことが少しでもできるようになった今年。
でもまだコンスタントではない。
もっともっとゆとりをもって、
このブログも毎日ちゃんと更新したいですね。
by 123455677 | 2011-12-23 21:13 | しそぉー

No.2283  震災から9ヶ月

今日もどこかのお店で
ちょっとした小銭を募金して
自分で貢献しているつもりでも、
やっぱり震災を肌で感じた訳ではない僕は
すぐに9ヶ月前のことを忘れてしまう。

親しい友人がいない地、仙台。

世界中の人たちの「祈り」という
温かさに触れながら、
自分たちにできることを考えてみても、
結局、忙しさを理由に言い訳する日々。

募金してんだからいいぢゃん。
とまた言い訳。

忘れないこと。
表現し続けること。

それがどれだけの力になるかはわからないけれど、
最近では、
それぞれの人たちが自分に与えられた仕事を精一杯行うことが
きっと、被災者の人たちの力になれているとやっと思えるようになりました。

もうすぐ年末年始。
メディアがちゃんと思い出させてくれるだろう3月11日を
自分なりの形で表現し続けたい。
なんかふとそんなことを思いました。
by 123455677 | 2011-12-22 21:04 | 2011年3月11日を忘れない