No.1116  死者が出て、犯人探しで、コミカルで

「海亀のスープ」以来
ミステリーにはまっています。

ビデオで立て続けに2本
「キサラギ」と「チーム・バチスタの栄光」を見ました。

ネタ晴らしは趣味じゃないのでやりませんが、
とりあえずこの2本まったく違うジャンルのものだったことだけは
伝えたいと思います。

2作とも、
「死者」がでてきて、「犯人探し」で作風がコミカル。
というところまでは共通しているのですが、
双方とも、ちょっと結末が単純なミステリー的なものではありませんでした。

おっと、しゃべりすぎました。
ここまでにしておきましょう。
とりあえず、双方とも僕はある程度の納得の行くお話しだったと思っています。

「キサラギ」は
コミカルで面白かったです。
とにかく小出恵介くん・小栗旬くん・ドラドラの塚地無我さん・香川照之さんの
コミカルさは秀逸でした。

とくに小出恵介くんはとてもよかった。
ハセキョーとの主演時やゴクセンのすかしたキャラが多分素に近いと思うのですが、
ルーキーズのときのような素直な青年役や、
のだめカンタービレの時や今回のようなコミカルな役ができるのだから、
もっともっと露出してほしいなと思いました。
正直ではじめのころは好きな役者ではなかったのですが、
今ではどっぷりです。本当に素敵な役者さんだと思いますよ。

また、このメンバーで唯一、テンションが低くせざるを得なかっユースケ・サンタマリアさん。
コミカルな中でのシリアス芝居大変だったと思いますが、

あなた!

時々、テンション他のメンバーと同化していましたよ・・・。
我慢できなかったのでしょうね・・・

僕が昔役者だった頃、
同じようにシリアスにしていなくちゃいけないシーンで、
なぜかコミカルさがでてしまっていたのでキモチが少しだけわかります。
同様に、佐々木蔵之助、阿部寛、阿部サダヲなどが同様の分類に入ります。
余談ですが・・・。

でもって
「チーム・バチスタの栄光」も
コミカルで面白かったです。

こちらは前述の阿部寛さんがへんてこリンパワー大爆発。
竹内結子さんも負けず劣らず「おっとり変キャラ」やっていました。
「医療ミスか殺人か」という思いテーマを
二人のへんてこりんキャラがうまくコミカルに包み込んでいて
面白く見れました。

両方とも、フツーにオススメです!!

d0057589_1629952.jpg


d0057589_16292217.jpg

by 123455677 | 2008-10-16 16:06 | スクリーン
<< No.1117   現行の方程式 No.1115 W杯へすべきこと >>